Profile 6bce00de025c6f90ad1109752d54da3c

繋がった場所から、溶け合ってしまうようだった。
私は唇を噛み締める。堪え切れなくて、切ないため息が漏れた。
身体の奥の、いちばん深いところを熱い肉杭が貫く。ずしんとした衝撃と、甘美な快感。
私の欠けた部分へぴたりとはまり込んで少し大きい。それが恭次の性器だった。ほんの僅か、私を無理やり押し開くその熱がいとおしい。身体の奥深くから熱いものが湧き溢れてきて、繋がった部分を溶かしてしまう。
幾度も突き上げられて私はけだものみたいに泣き叫んだ。暴れる私の体を押

もっとみる