Profile 229f1fd79b17c1f47bd6e8c478801fbc

やめてほしい。だって好きになってしまう。



とある集まりで振る舞われる料理づくりを手伝っていたときのこと。

私は、メインで料理を担当していた塩顔男子の下で、たまごサンドイッチの中身をこさえていた。ゆで卵をざく切りし、マヨネーズで和える。簡単である。しかし、最終的なテクスチャーの仕上がり判断はメインさんに委ねよう、と彼を呼んだ。

「まだカタいですかね?」
混ぜまぜしながら尋ねると、男子は「かもですね」と言って業務用

もっとみる