Profile 15c59ddd8be954d4eb1a145efe516ec6



静かな目覚めだった。眩しいくらいに。

布団から起き上がって、
足取りもおぼつかないままに歩き、
部屋の窓を開けると、
何もかもが真っ白になっていた。

空は雲に遮られ、行方不明で……。

街灯は、沈黙していた。

これが始まりなのかと、
先の見えない景色に不安を抱きながら、
今この時を生きているということに、
そっと胸を撫で下ろしている。

日常とは、つまりそうい

もっとみる