Profile 6030bad1af4ee3d44e7a53ac4039cbe3

 きな子は世慣れた大人の振りをすることに疲れてしまって、ハイヒールを履くのをやめて床に転がっていた。きな子は掃除が嫌いだから、フローリングには少しだけほこりが積もっていたけれど、大人ぶらなければ、そんなことは問題ではなかった。ぽっかり開いた窓からは冬の冷たい風が吹き込んできて、白いカーテンをふわふわと揺らし、そのあとできな子の額や頬をひんやりと撫でた。

 「いっぱい愛されたくて、一生懸命がんばったの」

 きな子はさっぱりと言った。

 

もっとみる