実現したい人生の100のリスト

週末野心手帳の一番後ろのフリースペースに2018年改めて書いた「人生の100のリスト」です。ロバート・ハリスの「人生の100のリスト」を大学時代に読み、それ以来、このリストは人生のお守りのように書いています。

大学時代に書いたリストがありましたが、全部ではないのですが達成したものが多くなったので、最近、書き直しました。

大学生の時に書いたリストには、「バックパッカーに行く」「裸でプールを泳ぐ」「インドで沐浴する」「葉巻を吸ってみる」「会社を辞める」「フリーランスになる」「映画を10000本観る」「ポタージュスープのような穏やかな人と結婚する」・・・みたいな、破天荒というか、意味不明というか・・・若さが溢れていました。また、すごく抽象的だったり、「自分でもなぜそれを実現したいのか、本当に実現したいのか」というところが見えないリストになっていました。夢見る夢子ちゃん的な内容だった気がします。

でも、このリスト書いてみたことで、「そうか、私はこうゆう人生を望んでいるんだな」とわかり、書いたことによって達成していった夢も多かったように思います。

実際に、リストに書いた通り、バックパッカーに行き、インドで沐浴し、裸でプールを泳ぎ、葉巻を吸い、ポタージュスープのような人と結婚しました。(これだけ書くとめちゃくちゃ変な人だ・・・)

大人になると、夢というよりも、ずっとリアルに「目標」に近くなり、到底すぐには叶えることが難しい、長い人生をかけて叶えて行くライフスタイル的な項目が多いなと書いてみて感じました。

結婚して、娘を出産し、守るものができたから故に、破天荒な項目は減ったような気がします。笑

また、独身時代なら勢いで叶えられるような夢も、今は逆にすごく叶えることが難しくなっています。独身だと逆に叶えやすい夢、結婚してるからこそ夢見ること、家族がいるからこそ豊かになった夢。やっぱりこの100のリストは、書くだけでも面白いなあと思います。書いたことがない方は、ぜひ書いてみてください。ちなみに、初めて書く人は100書けないかもしれません。そのときは、より「具体的に書く」ことを意識して、細分化すると項目を増やすことができます。

フランスに行ってみたい
→ファーストクラスに乗る・パリのディズニーランドに行く・パリのカフェでコーヒーを飲む・セーヌ川でクルーズする

こんな感じです。

書くだけでも面白いのですが、年に何度も見返すと、この「やりたい」と思ったことに近づく行動を取れるようになります。夢を叶える、というのは「えいや!」では叶えられないからこそ夢なのですが、夢って、小さな目標を達成していった先にある大きな目標なのだな〜と実感します。ポワーっと夢を見ているだけでは絶対に叶わない。

9まで無料で公開しています。
もし人のリストを見てみたい!という方がいたら、購入してみてください^^笑




100のリスト
(2018年、33歳既婚子持ち女性の場合。)

この続きをみるには

この続き:1,944文字

実現したい人生の100のリスト

野中エミ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただきありがとうございます。スキにポチしていただけるだけで嬉しいです。 こちらでいただいたサポートは、note内の記事有料記事購入か、書籍の購入に使用したいと思います。

8

野中エミ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。