見出し画像

天そば貧乏

夕飯の支度が億劫になり、近所のそば屋さんへ。
たまにはいいよね、と上天そばを頼んだのでした。

大きな海老が二尾、どーんと乗った立派なそばが、湯気を上げてやってきました。
嬉しい気持ちですすっていて、思い出したあれこれ。

以前住んでいたところの近くにも、おいしいと評判のそば屋がありました。
店構えはいたって普通ながら、食にうるさい有名人も来るという噂の、小さな店です。
初めて行ってみようということになり、まず驚いたのがその価格。
これはさぞや大きな天ぷらが来るに違いない、食べきれなかったらどうしようと、ささやき合ったものです。

杉浦日向子さんのマンガを読みつつ待っていて、出てきたそばを見てまたびっくり。
親指サイズの海老が、ちょこん。
そばはせいろのまんなかに、これまたかわいらしくちんまり飾ってあるのみです。
三回すすれば、もうおしまい。

ふと隣のテーブルにひとりで座るおじいさんを観察してみると、まずはじめに玉子。
冷酒を一号ちびちびやり、板わさなどをつついてから、天ぷらへ。
最後にそばをさらりと平らげると、勘定をして速やかに立ち去りました。

何か、決定的にまちがっていたのではないかしら。
わたしはお腹に物足りなさを感じながら、知らない世界がまだまだあるなあと思ったのでした。

話を元に戻し、先ほどの上天そばは予定より財布を軽くしてしまったため、帰りの買い物に細心の注意を払わなければなりませんでした。
天そば食べてお金がないなんて、情けないような、かえって豪気なような。
やはり侮れない、奥深いそばの世界なのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます、よろしければ感想もぜひ♪
4

きよはらえみこ

イラストレーション、えほん、絵画など Illustrations , Picture books , Paintings , Drawings / Japan /○Instagram→emiko_kiyohara
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。