夢はためらわずに口に出してみる

夢というものは、ためらわずに口に出すべきであると確信している。

私の経験値では、口に出し、想い続けていると、夢というものは当初イメージしていた完全形でないにしろ、けっこうかなうものだ。

それは、引き寄せというよりも、想い続けることで自分で自分を暗示にかけ、そういう努力や行動を知らぬうちにし始め、し続け、聞いた人が環境や情報を持ってきてくれて、総合的に結果も誘われるというイメージだ。

私は街角の小さな本屋さんを運営するのが、最終的な目標で、以前にこんなものを書いた。

これを読んだ人が、選書サービス“季節の本屋さん”についての初期アイデアをくれたのだ。

それとは別に、そういえばもう一つ、夢の原案があったなあと思いだした。

会社員時代は、今ほどカフェが流行る前に、「○○cafe」と題して、会社全体を巻き込んで、一年間若手と一緒に毎月、ワークショップ的なものを企画した。同時期に、新規事業として、コ・ワーキングスペースを提案したが、当時としてはちょっと早すぎたようで、残念ながら形にはならなかった。

つまり、働く場所や時間を選べて、仕事に対してあらゆる意味で自由であることは、世の中の潮流とは別に、自分の嗜好として、強く念願していたことだったのだ。

最近、ことに選書サービスを始めて以来、実店舗の小さな本屋の片隅に、ワーキングスペースを設置できたら、ベストだなあと思うようになってきた。

隣にパン屋さんやコーヒーショップ、花屋なんかがあれば、もっといい。

働く女性向けの、役に立つ本が並べられていて、その片隅で寒い日には暖かい空間で、集中して仕事ができる、心地よい安全な場所。

極端に高級ではなくても、香ばしいコーヒーが飲めて、おいしいパンを持ち込める。帰りに、ちょっと素敵な花を一輪買って、帰路につく。

女性にとって、心地よく安全な場所というものは、東京であっても意外に少ない。

そこは、たとえば学校でつらいことがあったとき、女子中学生が立ち寄って本を読める場所であってもいい。心の避難場所というものは、いくつになっても必要で、そういう場所があると生きていける一面がある。

そんな場所を、いつか作りたい。

私は今の仕事の状態に至るまで、社会に出てから20年がかかった。だから、人生スパンで考えれば、できるのではないかと考えている。

ということで、今日は、久々にただの夢の話。


■【女性限定】「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”を、3/10より開始しました。現在は、「春の本」をご用意しています。詳細は、HPのServiceをご覧ください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

“季節の本屋さん”における、よりよい本の選定に使わせていただきます。

嬉しいです^_^ ありがとうございます🕊🍃🍃
31

“季節の本屋さん”にまつわる

【女性限定】「働く女性のための選書サービス」“季節の本屋さん”のお知らせと、本にまつわることがら。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。