「クリスマスの約束」の今宵

毎年12月25日の夜遅く、必ず見る音楽番組がある。

年末は、言うまでもなく音楽番組が多い。

だいたいは、じっくり見るともなく、ただテレビをつけているという感じだが、この番組は、意識的に毎年見るし、聞く。

それは、小田和正が主宰している「クリスマスの約束」。

いつからだろうか、夫と毎年必ず見ている。

一人もゲストがいなかった初回から、何年かに一回くらい、何十人もの歌い手が集って、リレー形式で持ち歌を回す豪華な回もあり。

他では日ごろお目にかかれない、大型ゲストが突然登場する回もあったり。

その規模感は毎年、微妙に違っている。

近年は、小田和正界隈にいる少数のアーティストたちが、このときのために、練りに練ったセットリストでクリスマスを彩る、というテイストだ。

歌番組の多くは、時に聞くに堪えないことがある。

しかし、ここに出てくるアーティストは、世代の違いこそあれ、好き嫌いはあるにしても、みんな手練れ。だから、安心して聞いていられる。

小田和正というと、私の世代だと大流行りした「ラブストーリーは突然に」あたりは、リアルタイムというよりは、中学生の頃に見たドラマの主題歌だった、という印象。

オソロシイのは、どの時代の曲をいつ聞いても、たとえ人の曲を歌っていても、全部が小田和正の曲になってしまっている、というところだ。

人は年をとるし、変わって当然。

しかし、歌というものは普遍的だなと、一年に一回、この番組を見ると、いつも感じる。

そして、自分の感じ方が変化するところと、何も変わっていないところとを同時に自覚する。

私の好きな定点観測の一つでもある。

来年は何をしているのだろうか。

今年の今宵もまた、この番組を見ながら聞きながら、このnoteを綴っている。


■毎日、Instagramで1~2冊、本の紹介をしています。

ナカセコ エミコ 私の本棚 nakasekoe.bookshelf 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

“季節の本屋さん”における、よりよい本の選定に使わせていただきます。

嬉しいです^_^ ありがとうございます🕊🍃🍃
23

日々にまつわる

とるにたらない、些末な日々にまつわることがら。

コメント3件

私も毎年みています。録画をして。
昨夜は家族は寝てしまったあとに編み物をしながらひとりで。
小田さんの声は心にしみます。
古希なんですね。深い感性に伸びやかな声。
テレビを消したあともしばらく編み物をしつつ余韻に浸りました。
sachieさん、私も録画して何度となく聞きます。編み物の時間、素敵なひとときですね。
録画を一度はきちんと見て、その後は環境映像のように流してます。
編み物は瞑想の役割となってて、なかなか作品に到達しません。途中でピンと来なくてほどいてしまったり…。瞑想が実益になれば良いのですが。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。