夢中になりすぎた時間の行方

最近、よく読書をしていると電車を乗り過ごす。

以前は、降りる駅の手前になると、反射的に気がついた。

それは、うっかり読みながらウトウトしていても、しっかり本に集中しているにしてもだ。

15年以上してきた通勤電車に乗る生活をしなくなって、もうじき2年になる。

それまでは、往復3時間から1時間まで、幅感はあるにしても、毎日ずっと電車に乗る生活だった。

電車というものは、満員かどうかもさることながら、毎日決まった時間に、それに乗って、必ず同じところに行くということは、なかなか大変なことだ。

もちろん、今でも出張はあるし、電車にだって乗る。けれども、毎日ではないし、同じ時間に同じ路線、というわけでもない。

しかし、何年もの間、通勤で研ぎ澄まされてきた、電車の降車レーダーが完全に緩くなってしまったのか、最近はなぜか1駅分くらい乗り過ごす。

これが、不思議でならない。

思えば、似たような経験が、2回ほどだいぶ昔にあった。

最初は、小学校1年生のとき。

家で読んでいた本の続きが気になって、そのまま小学校に持っていった。そして、休み時間にそれを読んでいて、ふと気がついたら教室に誰もいなくなっていた。

あれ、さっき前の授業が終わったはずだ。なんで誰もいないんだろう。

窓に駆け寄って外を見たら、体育の授業が始まっていた。しかも、時計を見たら、すでに授業開始から30分くらいたっていた。

なんで誰も声をかけてくれなかったのか、不思議でならなかったが、後で友達に聞いたら、何度もみんなが声をかけたけど、本に夢中になっていて全然聞いていなかった、と言われた。

神隠しにあったように誰もいなくなり、時間の概念がどこかにふっとんだとしか思えないくらい、私は本の世界に没頭していた。

ちなみに、その本は『若草物語』。

今でも、はたと気がついたとき、明るい日差しが教室に差し込み、カーテンが風でゆれていた空っぽの教室をたまに思い出す。

もう一つは、学生時代の冬。

一人暮らしを始めたアパートのキッチンで夜通し読んだ、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』。

軽い気持ちで読み始めたら、どっぷりはまり込み、かといってあまり夜中に煌々と電気がついていると目立つので、部屋の扉を閉めてキッチンの灯りを頼りに、壁にもたれかかって読みふけった。

時間も忘れて、当時出ていた2冊だったかすべてを読み終えた。

軽くのびをして、キッチンからリビングへの扉を開けたら、室内には明るい日差しがさんさんと差し込んでいた。

一夜があけ、翌日の午前10時くらいになっていたのだ。

自分のイメージでは夜明けくらいだったので、本当に驚いたが、その日は午前中に授業が無くて、ほっとしたことを覚えている。

無になった時間の記憶としては、たぶんこの2つが最高峰。

話は現在に戻り、電車を乗り過ごす怪奇現象。

この不思議感覚は、あの2つの夢中になりすぎた読書の時間に近しい。

大人になって、またこの感覚を味わえるとは、これ如何に。

人生っておもしろい。


■Instagramで毎日1~2冊の本紹介と、不定期で写真一行詩の創作をしています。

ナカセコ エミコ 私の本棚 nakasekoe.bookshelf 







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

“季節の本屋さん”における、よりよい本の選定に使わせていただきます。

嬉しいです^_^ ありがとうございます🕊🍃🍃
26

日々にまつわる

とるにたらない、些末な日々にまつわることがら。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

思わず「あるある!」と心のなかで叫んでしまいました。逆のパターンで、たとえば、病院の待合室が混んでいるときなど時間が早く過ぎて欲しいと思うときもあるのに……不思議です、はい。
yosh.ash さん、時間の進み方は平等とは思えないような、不思議なときがありますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。