小さい会社と私

11
ノート

「小さな会社と私」Vol.12

いつのまに「経営側」と「従業員」になったんだ?

日々変わりなく、意味不明な社長でみんなの無関心を捧げられているので、
ある意味影響力がないので、全体の仕事進行においては何の支障もないのだが、
我が時間という人生を投資している、会社となれば「怒り」も湧いてくる。

いかんせん「言っていること」と「やっていること」の同一性がないので、全く信用がないわけです。

別に批判をするつもりもないんだけど、「

もっとみる

「小さな会社と私」Vol.11

「無関心の恐怖」

今までは、社長含め会社を盛り上げようとか、どうにかしようとか、いい方向に!
と思っていろいろ考えてきたけど、うまく意思が通じなかったり、はぐらかされたり、話をそらされたり、意味不明だったり。

そんなのを経ていくと、自分の心は、すでに社長と一緒にという考えが消えてしまった。

そういうのが消えてしまうと、無関心になり、
怒りさえも覚えなくなってしまった。

通常の人間関係では、

もっとみる

「小さな会社と私」Vol.10

「お金と仕事と会社。」

お金って、なんなんだろうな。
仕事って、なんなんだろうな。
会社って、なんなんだろうな。

あまりにも今働いている人の価値観が異なりすぎていて、
全くまとまる様子がない。

(まとまる必要性があるのかないのか。それすら、私には解がない)

現状、社長と現場の感覚が乖離していて、とてもではないけど正常な状態ではないことは事実だ。だが、社長は関係修復に必死。
ある商業施設のオ

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.9

相も変わらずの日々が過ぎて行っている。

傍目から見て、会社は成長しているかどうか、全くわからないが、
おそらくしていないだろうことは、わかる。

本日、商業施設の飲食フロアの年間販促のプレゼンがあった。

今回、1つ上の先輩メインで、自分はというとなーんもしなかったが、

プレゼンには同席した。

もう何年も、その先輩のプレゼンテーションは聞いていない。

というか、他の営業のプレゼンテーション

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.8

「丸4年たちましたけど?」

だいーぶ時が経ちましたが、独立して丸4年が経ちました。

・・・・・・・・

「2年を終えた頃、何も変わらずだった会社に変化がほしい。
そう思った私は、社長に社員を入れることをお願いした。
とりあえず、立ち上がり過ごしてきてまる2年。
目標もないし、立てない、決めない、進まない。ないないないない!
という、現状を打破することも考えた自分なりの答えは「社員を入れる」だっ

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.7

「社員入れてください。」

2年を終えた頃、何も変わらずだった会社に変化がほしい。
そう思った私は、社長に社員を入れることをお願いした。

とりあえず、立ち上がり過ごしてきてまる2年。
目標もないし、立てない、決めない、進まない。ないないないない!
という、現状を打破することも考えた自分なりの答えは「社員を入れる」だった。

お金周りも不透明だったため、入れれるもんなのか、無理なのか、よくわからな

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.6

「うまく進まないモノゴト、むかつきますよね。」

無事、退職し新たなスタートが始まった。

朝の時間がとてもフレキシブルになった。通勤電車に乗らなくてもよい。
PC1台と電話があれば、仕事ができるので、いわゆるノマドになった。

ちょうど、ノマドで「安藤美冬」とか「高城剛」とか流行りだったので、ノマドに行き着いた人と、結果ノマドになった、俺たち。なんだかなーと思っていた。

1年目はただ生きるため

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.5

「話が逸れるがお金の話。」

個人的には意図があってなのだが、立ち上げたボーカルスクール。

上司の話だと、250万くらいあれば大丈夫だよ!「いけるいける!」と「やってるやってる!」くらいの勢いて言っていたのに。

不動産契約、防音室の設備費、インストラクターの給料、広告展開、備品周りなどなど、ソッコーで300万くらい無くなった。

自己資金200万足して、どーーーにかボーカルスクールは回り出した

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.4

「未来ってどんな味ですか?」

「糞食らえ!」と思って、行き止まりに居た私は

先輩の「独立しちゃおう。」の言葉で、

ベルリンの壁が崩壊して、自由になれる!と思っていた人々と同じように歓喜に満ちていた。

壊す事も大事だが、そこから先、努力し続ける事が非常に大切ということの考えが抜けていたことは言うまでもない。

しかし、準備は非常に早かった。
上司が個人的に行っていた有限会社を、株式会社に引き

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.2

何事も突然起きるものだ。

前兆はあったのだと思うのだが。

希望退職のお知らせが発表された。しかも5人。
5人というのは、10人くらいの会社で発表されれば、それは名指しに近いものであった。

コンビニエンスストアから転職して入社した広告代理店での経歴は、
媒体部、営業企画、営業2部、営業1部と最初は媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、OOH、交通など)担当で新人を過ごした。
最近話題の 

もうす

もっとみる