「小さな会社と私」Vol.11

「無関心の恐怖」

今までは、社長含め会社を盛り上げようとか、どうにかしようとか、いい方向に!
と思っていろいろ考えてきたけど、うまく意思が通じなかったり、はぐらかされたり、話をそらされたり、意味不明だったり。

そんなのを経ていくと、自分の心は、すでに社長と一緒にという考えが消えてしまった。

そういうのが消えてしまうと、無関心になり、
怒りさえも覚えなくなってしまった。

通常の人間関係では、摩擦が減りいいことなのかもしれないが、
ここは学校ではないし、仕事なわけで。

本来であれば、意見を出し合いベクトルを揃えて歩んでいく事が重要なのだが。

よく、好きの反対は、キライ!とかいう人がいるが、好きの反対は、無関心ですよね。これもよく言われるか。

嫌いって好きの反動だったりするから、逆に好きに持って行きやすいかもね。

ともかく、無関心になってしまったので、
なーんにも思わなくなってしまった。

無関心は恐怖だ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

小さい会社と私

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。