「小さな会社と私」になるまで。Vol.5

「話が逸れるがお金の話。」

個人的には意図があってなのだが、立ち上げたボーカルスクール。

上司の話だと、250万くらいあれば大丈夫だよ!「いけるいける!」と「やってるやってる!」くらいの勢いて言っていたのに。

不動産契約、防音室の設備費、インストラクターの給料、広告展開、備品周りなどなど、ソッコーで300万くらい無くなった。

自己資金200万足して、どーーーにかボーカルスクールは回り出した。

生徒0人から始め、インストラクター2名。
本当に何から、何までゼロからはじめた。

最初の6カ月は本当に辛かった。もちろん、立ち上げだし、うまくいかないのはわかってる。頭でわかるのと、体感するのでは、全く異なるのがよくわかる。

よく言う、やんなきゃわからん!ってのは当たっている。
1歩を踏み出す奴が勝つ!これも当たってる。

だが、1歩踏み出して、やってみても、うまくいくように努力しないと
きちんと動かない。(当たり前だが)

やれば、課題が出てくる、解消するの繰り返し。
回り出せばうまくいく。トライアンドエラーを繰り返して確認していくのだ。何が正しくて、何が無駄なのか。

でも、ほんっっと一番辛かったのが、お金がないことだ。

小さな広告代理店から、さらに小さな広告代理店へ。

収入もわずかだ。

そこに、ボーカルスクールの赤字が15万くらい。中古で買った住宅ローン、子供が生まれての出産費用。今思うと笑えてくる。

日本政策金融公庫にも借り入れを申し込んだが、ダメだった。(担当者に気に入られなかったのがダメだったか。笑)

自然と、滅入ってくる。焦ってくる。俺は大丈夫なのか。自問自答。

お金ってみんな色々考え方があるけど、この一連のことがあって考え方が少し変わった来がする。

・お金を使うことにビビってはいけない。例え赤字でも使う。信じて使う。
・計画性を持って使う。未来に使う。
・人に使う。

擦り切れた言葉だが、使われてはダメだと。意思を持ってお金は使わないと、有意義には使われない。

まだ、きっとうまくお金は使えていないだろう。

話が逸れましたが、[5]終わり。とりあえず。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

小さな広告代理店

小さな広告代理店にいます。その傍ら、ボーカルスクールと選挙プランナーをしています。これから会社を大きくする過程、日々の葛藤と愚痴を書いてますが、何か1つでも役に立つことがあれば。幸いです。

小さい会社と私

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。