酒井 絵美 / 音楽家・音楽民族学者

ヴァイオリン・ハーディングフェーレ奏者/音楽民族学者。東京藝術大学音楽学部楽理科・同大学院音楽研究科音楽文化学専攻修了。専門は世界の民族音楽としてのヴァイオリン奏法。音に至るまでの日々のインスピレーションや音楽にまつわる発見を不定期更新中。

練習について2

前回、ヴァイオリンを長期間触らないと起こる現象について書いたけれど、そもそも楽器の練習の仕方や頻度というのは、音楽のジャンルによってもかなり違うようだ。 例えば...

練習について 1

先月、旅(NY〜ブラジル〜マイアミ、写真はイグアスの滝)の途中の1週間、まるっと楽器を触れない期間があった。 よく、楽器は1日弾かなければ自分がわかって、2日弾かなけ...

音程感の話

クラシックの世界では、例えば歌はピアノより少しだけ音がうわずってもいい(あるいは自然にうわずってしまうし、その度合いが過剰でなければ気持ちいい)。 協奏曲では、...

同じ土地に通い続けること

ノルウェーに向かう飛行機の中です。なんと人生6度目のノルウェー。こんなに何度も来ることになるとは想像もしていなかった国だけれど、ノルウェーの友人たちも、わたしの...

尊敬する人

先日、数年前の来日ツアーで共演した世界的に有名なベリーダンサーが、まさかのお忍びでわたしのライブに来てくださった。世界を飛び回る彼女はわたしのことは当然覚えてい...

tipsipúca+ "Storyteller" 試聴動画

第2・第4土曜日に更新する、とか、演奏動画をあげる、とか書いていたのに、すっかりできていないから、ぜんぜん違うタイミングでわたしの参加しているアルバムを紹介しよ...