目指せ東京マラソン!ランニング歴2ヵ月の初心者ランナーが教える始め方と続けるコツ

なお現在は足を痛めてしまい絶賛療養中です……。しかし2ヵ月続いたのも事実!十分すごいじゃん!というわけで、ランニングの始め方や続けるコツを初心者なりに解説します。

私のように故障して走れないなんてことにならないよう、走り始める前にしっかりチェックしておいてください。

ランニングの始め方

ランニングを始めるときに重要なのは、目標の設定と準備です。

目標は明快かつ簡単に。無理なゴールを設定しない

特にダイエット目的で始める方は、絶対に体重を目標にしないでください。間違いなく心が折れます。これで心が折れない人は、そもそもダイエットが必要な状態になる前に自制心が働く人です。具体的には後述しますが、私は2ヵ月でむしろ体重が増えました……。

最初は、最低でも週1回、など頻度だけをゆるく決めるくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

時間を目安に。距離は二の次

1回のランニングでどれくらい走るかは、時間を目安に決めましょう。実は、ゆっくり走っても急いで走っても、消費カロリーは大して変わらないのだとか。ですので、20分、30分、と時間で区切るのがおすすめです。

距離を設定してしまうと、走る速度が気になってきちゃいます。できることなら、走行コースの全長とかも知らないほうがいいくらいだと思います。気にしちゃいますからね。

スピードはとにかくゆっくり。会話できるくらいで十分

ゆっくり走っても急いで走っても変わらないなら、ゆっくり余裕を持って走ったほうがお得です。「あれ、思ったより楽だな」、ってくらいの方が次につながります

毎回精一杯走ってたら、そもそも走ることを習慣づけるのが難しくなっちゃいます。徐々になじませるくらいでいいんです。むしろ、速く走りたくなるのを抑えるのに苦労するかもしれません。

シューズは必ず専用の物を。サイズも見直して

ランニングシューズは、ぜひショップへ赴いてサイズを測定して、店員さんにいろいろ聞きながら選んでください。できれば「自分の姿勢の癖」とかまで調べてくれるところがいい。

「運動靴ならどれも大差ないでしょ」、と侮るなかれ。シューズをきちんとしたものに替えただけで、なんと走れる距離が約1.5倍になりました。サイズの違いやクッション性の有無で、それだけ消耗する体力が変わるんです。

もちろん気持ちの問題もあったと思いますが、走れる気がする、っていう思い込みも結構馬鹿にできませんよ。

筋肉痛や疲労を残したくないなら、ソックスやインソールも揃えよう

サポートグッズは、できるだけ早めに揃えることをおすすめします。ランニングソックス、クッション性の高いインソール、筋肉痛や疲労を軽減するコンプレッションタイツなどなど。仕事とか私生活への影響を最小限にして、万全の態勢で臨まないとなかなか続きませんから。

あと個人的にこだわった方がいいと思うのが、ランニングバッグとイヤホン。走りながら音楽とかラジオとか聞きたい人はマストです。

腕に止めるバンド型のスマホケースより、腰に巻くウエストバッグの方が体力消耗せずに済みます。両腕の重さが違うだけでも、結構気になってしまうので。イヤホンは、有線だとどうしても邪魔になります。音質はさておき、せめてBluetoothにすることをおすすめします。

ランニングは3万円くらいで始められる

私が実際にランニンググッズを揃えたときのお会計は、だいたい3万円くらい。シューズ、ソックス、インソール、ランニングバッグを購入して、ウェアとかコンプレッションタイツとかは登山用に買ったやつを使っています。

ランニングは比較的気軽に始められるスポーツだと思いますが、とはいえ3万円です。こちとら、3万円をはした金なんて思えるような感性は持ち合わせていません。せっかく揃えたランニンググッズ一式を無駄にしてなるものか、と意気込んで走ってたんです。

そしたらあっさり足首を痛めました。

これからランニングを始める方は、調子に乗らずほどほどに走ることをおすすめします。。

2ヵ月走ってみた感想:程よい達成感が心地いい

2ヵ月走った結果、体重は1~2kg増えましたが、これは筋肉がついたせいでしょう。実際、腕や足も太くなりました。でもランニングでつけるべき筋肉ではないと思うので、走るペースを安定させて徐々に落としていきたいところです。(服が着れなくなるので)

で、安定して続けるために大切なのがストレッチと筋トレです。今回足を痛めた原因は、道の悪さやフォームの悪さなどもあったと思いますが、足首の柔軟性と筋肉の不足が大きいです。

この2つはランニングをしなくても鍛えられる部分なので、もし本気で続けたいなら、走り始める前から習慣づけておくといいかもしれません。聞いたところによると、特に上半身の筋肉をないがしろにしがちなのだとか。

とはいえ、1回や2回走ったからっていきなり体を壊すものでもありません。まずは気軽に5分だけでも走ってみると、いろんなものの見え方変わりますよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。サポートをしていただくと奮い立たせられます。勇気をもらい、活動を続ける原動力にしていきます<(_ _)>

ありがとうございます<(_ _〃)>
18

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。