山田裕嗣 / Yuji Yamada

HR@株式会社ABEJA https://abejainc.com/ja/ 発起人/代表理事@(一社)自然経営研究会 http://jinen-management.org/

自然経営研究会の代表理事の決め方(改定案)

ここ最近は活用できていなかった「公開アドバイスプロセス」的な進め方で、次の代表理事の決め方についてご意見を伺えればと思います。

そもそもなぜ代表理事の「交代」か?

自然(じねん)経営研究会の代表理事について、前回、こんな記事を書きました。

要点をざっくりまとめると、

- 影響力の固定化を避けるため、代表理事2名のうち1名が毎年交代する
- 2期連続(=4年間)の就任はナシ(いずれ再任とかは

もっとみる

株式会社ABEJAに入社しました。

2019/5/1より、株式会社ABEJAに入社しました(個人的には、7年ぶり3回目の会社員‥!)
色々と考えたことだったり入社に至った経緯だったりは、もっとちゃんと整理したいと思いつつ、とりあえず状況変化のご報告。

ABEJAって?

ABEJA(アベジャ)は、2012年創業で、AIを事業領域としているスタートアップです。
「ゆたかな世界を実装する」というメッセージを掲げ、また、「テクノプレナー

もっとみる

自然経営研究会の代表理事を退任します(どちらか1名が)

とりあえず分かりやすいタイトルを付けてみましたが(笑)、自然経営研究会の新たな実験として「代表理事の交代」をしてみたいと思っています。

そもそも自然(じねん)経営研究会とは?

自然(じねん)経営研究会は、新しい組織の在り方の「探求」「発信」「実践の支援」を行うことを目指し、2018年7月に設立した一般社団法人です。

「ティール組織」「ホラクラシー」など、新しい組織運営を表す言葉が少しずつ広が

もっとみる

【チームを軸にした全体運営】自然経営研究会の「未来のシナリオ」からの逆算

自然経営研究会では、この団体が誰よりも「自然」に運営したい、という思いから、色々な実験をしています。
今回は、「未来のシナリオを描いてみる」ことから始まり、その結果、「チーム」を軸にして、自律分散な運営ができないか?という仮説に行き着きました。

なぜ「シナリオを書く」ことになったのか?

最初の問題意識は、「色んな人が関われる仕組みを作りたい」というところから始まりました。

もとは新しい施策と

もっとみる

「自律的な組織」の給与の決め方のパターン

「どうやって給料を決めるのか?」

自律的な組織づくりを進めるときに、ほぼ全てのケースで、ここの問題に行き着きます。まったく「正解」はない世界ですが、現状見えているパターンを整理してみました。

そもそも「原理的」に難しい

組織を自律的に運営することを目指すならば、「多様な価値観を認める」ことが重要になります。

たとえば、関わる本気度、関われる時間、などは人によって違うので、「柔軟な働き方」を

もっとみる

「機械」と「生命」を混ぜた、新しい組織の「共同幻想」

「新しい組織」に関する記事や議論を目にする機会が増え、具体的・実践的な面白いチャレンジもどんどん出てきました。
私自身、自然(じねん)経営研究会の活動や、大小様々な企業をご支援する中で、色んな変化を実感しています。

これらを大きな文脈で言い直すと、いま求められている大きなチャレンジは、新しい「共通の組織像」が生み出されることなのだと感じています。

・・・そして、いま感じてることをなるべくちゃん

もっとみる