過去嫌なことをされた相手と再会してしまったら、どうするのが正解?

過去、それも学生の頃。

自分に嫌なことをしてきた相手と、もし、どこかで出会ったら、一体どうしたらいいのだろう?

そんなことをふと思いました。

恐らく子供が成長してきて、保育園入園、小学校入学などでまた縁が繋がってしまうかもしれない。保育園入園でうっかり昔の知り合いが保護者にいたとか、そんなベタなことがあったから、思い出してしまったのでしょう…

昇華のためにも、とりあえず書こうと思いました。

私の中学・高校時代-いじめといえばいじめ?-

最初に断っておきます。やられた内容として、「いじめといえばいじめ?」です。本当に。

それから私自身超生意気で可愛げなかったので、目の敵にされても仕方なかっただろうと思います。思い返しても私は相当変わった子だったと思います。既に過去のこととして昇華されていると思います。今の私があるのは当時のことも必要だったから、と思っています。

ただ、人を攻撃することはやってはいけないと今でも思います。明確な理由があってもなくても。これのせいで中高時代(体が丈夫ではなかったことも相まって)不登校気味だったわけですから…。

それを前提にしまして。

①特定の女子から、なんとなしの仲間外れ。遠巻きに嫌がる。こそこそ悪口を言われる。

②クラス男子複数から「なんでこいつ学校来てるわけ?」と言われる

③母は綺麗なのにコイツはブス

大きく分けてこの三点でしょうか。今なら全部言い返す自信ありますが、当時はそんなに強くなかったから無理でした。

①も嫌でしたが、まあ私にも絶対原因はありました。上述の通りです。全員ではなかったですし、女子のみの体育などのときに顔を合わせないといけなくて、当時は死ぬほど嫌でした。今、彼女らと顔を合わせたら私はどうするんだろう?と思いますが、たぶん大人の対応するだけだと思うので以下省略。

問題は②の「なんでこいつ学校来てるわけ?」と③の「母は綺麗なのにコイツはブス」です。

「なんでこいつ学校来てるわけ?」

いやまあ、真面目に返しますと高校の学費を親が払っているわけで、ちゃんと入学試験も裏口なんかではなく表からパスしたわけですから、ここの座席は私の物と確保されているわけでありまして…

と、初めて言われたときはなにいってんだコイツばりに脳内で突っ込みが入ったことを覚えています。ただ気弱なので言葉には出せなかった。睨んだくらいだったと思います(それもどうなんだろう)

パターンは「また来てる」「今日はくるんだー」など色々ありました。私が欠席だと喝采してることもあったとかなかったとか?

あるとき、「もう来なきゃいいのに」と、朝から言われた日がありました。

それまで言い返したいこともありましたけど、何せ弱気なのでずっと我慢していたのですね。本当に朝からうざいな、久々に学校連続出席してるのに(それもどうなんだ)、と思ってうっかり口から出てしまったことがありました。

「来るなってあんたらに言われたって来るわ」

こんな感じのことを言ったと思います。すごく低い声だったと思います。プラス睨み。相手はまさか反撃するとは思わなかったんでしょう。驚いて「え、なに、今のなに?」「いみわかんね」と言いながら退散していきました。

その後も細々とこれはありましたが、一時期ほどひどくはなくなったと思います。

母は綺麗なのに、コイツはブス

当時は思春期もあって結構ニキビ顔だったし、目も一重なので小さいし、目つきは悪いし、痩せてるし、まあ美人と言われるようなところは殆どなかったと思います。いろいろあって性格ブスもあったと思います。

困ったことに、母はやや童顔で、また若く見られるので年齢よりも下、綺麗にみられることがデフォ。また私は母とあまり似ていません(今となっては童顔遺伝子をばっちり受け継いでいるのがわかります。あと今は美人じゃないけどブスじゃないよ)。

そんな母が三者面談で来た次の日にはもう…言われましたね。言われ放題。

事実なので否定できないのが痛いところでした。今は違うと断言しますけど、本当に当時は(ry

妬みを確信した瞬間

そんな男子からの嫌がらせ。

主に上記の「来るな」攻撃でしたが、あんまり過激なことをすると査定に響く学校だったので、机と椅子が廊下に出ているとか、校庭に投げ出されるとか、教科書隠されるとか、そういったことはありませんでした。証拠に残るようなことはやってこなかったので、彼らなりに考えてはいたんでしょうね、恐らく。母は綺麗なのに~呼ばわりも上の目がないところでこっそり言ってくる形でしたからね。

先に書きましたが、昔は体が弱かったので出席日数が危ういくらいには休んでいました。それでも成績が中の上くらい、科目によっては上位。ある種妬まれていた部分もあると思います。「なんで学校来てないのにあいつ勉強できるわけ?」と。いやそれは、休んだ分それなりについていこうと頑張っていたからです。落第しても嫌だし。それだけ。

ちなみに学校にちゃんと出席したらもっといい成績取れたのか?と言われたらそれは違います。性格上、たぶんそれなりにやって終わっていたと思います。学校来てるしいいじゃん、と上位にすらいなかったかもしれない。

尚、落第はしなかったものの、出席日数で赤点扱いだったことはあります。テストの点数は悪くないのにね。

一回高校一年の頃だったか、生物か何かの、理科系の試験だったと思います。90点台でクラスの上位を取ったことがあったんですね。自信があったテストでしたが、とても驚きました。問題の男子もその教科は得意だったのですが、私よりは下の点数。そこで、

「あいつなんであんなに高得点なの?休みまくってるのに。カンニングしたんじゃない?」

と言われました。テストを返し終わった先生の、みんなの前で。

私が休みまくってるのは事実でしたが、カンニングはしません。カンニングする労力、今でいうとリスクとリターンが見合わないと思っていました。

さすがのこれには先生も苦笑いでしたね…(ただ休みまくっているのは事実なので、先生も内心疑いたかったかもしれない。この先生ではありませんでしたが、何度かカンニングを疑われてるかも、と思うときはありました。)

しかしこうもはっきり言ってくれたおかげで、ああ、これが原因かと当時は腑に落ちた感覚がありました。

恐らく、表ではあまり頑張っているように見えない奴が、成績下位の赤点争い組でもなく、寧ろ自分の成績ライバル位置のようなところにいるのが気に食わなかったのかな、と。

何があろうとも他者に害を為してはならない

つらつらと自分のことを書いてきましたが、色々ありましたが。私が悪い部分もあったと思いますが(主に態度かしら)。

何があろうとも他者に害を為してはなりません。なぜなら相手は傷つくから。それから、最後には害を為した相手から、報復を喰らうかもしれないから。ただのリスクにしかならないからです。

あれから15年以上。大学も卒業してブラック企業も経験し、結婚して出産して、再就職して、フリーランスになりました。あのときの私がまさか一人親方をやっているだなんて、誰も夢にも思わないでしょう。私も思わなかった。

あの頃はクラスの大半が、いい大学に行けばいい未来が待っていると信じ込まされていたから。医者ルートや弁護士ルート、薬剤師ルートの大学、難関大学に行けたものだけが勝者だと思われていた。学校内成績優秀者、模試の上位者が強者だった。

私は傍から見たらこの受験戦争の勝者ではなかったかもしれない…と思ったら、なんでこいつ一発合格?みたいなこと言われましたっけ。模試はC判定だったけどいけたんだよ。…思い出しちゃったわ。

閑話休題。

人生何が起こるかわかりません。中高生当時の自分に理解しろとは言わないし、当時の嫌がらせ男子たちにも言わない。でも、意地悪した報復は何らかの形で待っている可能性があがる、ととても言いたい。

当時の嫌がらせ男子に会ったら、どうするの?

本当なら大人の対応をするべきでしょう。何事もなかったかのように、やり過ごすのがいいのでしょうね。

でも、この男子たちにもし、会ってしまったら…私は少しばかり仕返しをしてしまうかもしれない。

もし結婚していて、奥様も一緒だったら、ちょっと都合が悪い表現で声をかけてしまうかもしれない。

「中高一緒のクラスで、とてもお世話になったんですよ。」

「毎朝声をかけてくれてね。」

「だって、なんで来てるの?って毎朝のように言ってくれた時期があったんですよ。」

「今は奥様に毎朝声をかけてらっしゃるのかしら?幸せですね。」

…なんて。

でもきっと私は弱気だから、無駄に争いの火種を作るようなことはしたくない。負の因果とでもいうのか、そういうものは作りたくない。

だから、会ってもきっとこんなことは言えなくて、軽く笑って会釈するか、気づかなかった振りをしてやり過ごすのでしょう。そしてこのセリフたちは、脳内でリフレインしてそのうち粉々に昇華させていくんでしょう。

私は何も気にしていないよ、というより、知らないよ。…うーん、何かあったかしら?という演技対応になるのでしょうね。あとは極力関わらないようにするでしょう。

人が嫌がることをしたら、自分に、自分の大切な人に返ってくる

何年後かわからない。当人同士は関係ないかもしれない。でも、返ってくるよ。

願わくば、彼ら彼女らが、私の生活圏内に入ってこないことを。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

おしまい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

閲覧ありがとうございました。 サポート頂いたものにつきましては、次のnote執筆活動費として使わせていただきます。

(*´ω`*)

エンジニア婦人@Nao Light8月末公開予定

在宅リモートのWeb屋さん / PHP jquery ZendFramework Wordpress他 経験6年〜 / 4歳と1歳を育児中のフリーランス / サイト : https://wm-web-se-pg.com/ / 「きょうのめしテロ」 開発しました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。