見出し画像

やりたいこと

子どもを産んだら、「やらなければいけないこと」の内容が変わり、拘束時間が増えた。育児は始まったら止まれない。

「やらなければいけないこと」の合間に、なんとか「やりたいこと」をやろうとする。たとえば、コーヒーでほっと一息つくとか、SNSのタイムラインを眺めるとか、ソファでゴロゴロするとか。

「やりたいこと」に使える時間が限られているからこそ、何をやるかの取捨選択は重要だ。数ある中から選ばれた「やりたいこと」は、「かなり、めちゃめちゃ、とってもやりたいこと」なのだ。ここに人それぞれの色が出ると思う。

ちなみに私は、「食べること」が何より大事。美味しいものを、落ち着いて食べたい。食事を雑に済ませてしまったときは、満たされない気持ちをズルズル引きずってしまう。だから、息子が少々泣いていようが、「母ちゃん、ごはん、食べる!」と宣言して食べさせてもらう。そうやって自分のご機嫌を保つのも息子のためだ。

***

ここ最近、自分のキャリアについてよく考えている。保育園さえ決まれば、何ヶ月か後には仕事を再開する予定だ。

私にとって仕事は、「やらなければいけないこと」ではなく、「やりたいこと」だ。ただ、その内容については「やらなければいけないこと」が大半を占めていたように思う。

かわいい我が子を預けて働く。有限な人生の少なくない時間を費やす。ならば──

やりたいことを、やりたい。単純にそう思う。

どうして今まで、「やりたい!」って言う前に諦めてたんだろうな。できるわけないって、自分で蓋をしていたな。

そんなことを考えながら、この本を読んでいる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます。今後も育児や仕事について書いていきます。もしよければ、フォローしていただけると嬉しいです。

とっても嬉しいです😌
23
0歳男児を子育て中。育休を終えて、2019年7月に復職。人材系企業で営業企画をしています。カフェラテがやめられない。 https://www.instagram.com/enna__k

コメント1件

私は、時間に余裕がありすぎて、今やらなくてもいいことに手を出してしまって、連日後悔です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。