s_kojima-1505のコピー

湘南・鎌倉を舞台にした短編映画集「江ノ島シネマ」を制作します。

ごあいさつ

はじめまして、映画作家・脚本家の安田ちひろと申します。

大学の頃に1本の映画を作り上げたあとの達成感に感動を覚えたことがきっかけ映画制作にハマり、大学卒業後は、都内で10年ほど映像制作の現場で働いていました。

しかし、東京での生活に行き詰まりや映画制作における疑問を感じ、

『良い映画を作るためには、より良い環境を整えねば』

と、湘南に引っ越して『映画制作コミュニティ拠点』を作ることを決意、「スタジオ Malua(マールア)」を立ち上げ、いまに至ります。

『江ノ島シネマ』を制作する理由

しかしコミュニティを作っていくことはそう簡単ではありません。

実は2年もの間、構想はありつつも中々前に進めることはできませんでした。色々な方に相談したところ、まずはコミュニティという箱からではなく、中身から作っていくと共感した人が集まって来やすいということを知りました。
そして、湘南で共感してくださる方との繋がりが少しずつ増えたことも後押しとなり、「江ノ島シネマ」の制作を決意しました。

なぜ湘南・鎌倉を舞台にしたか

『江ノ島シネマ』は、江ノ電各駅を舞台に、個性あふれる多様な作家陣が、”つながり”をテーマにした物語です。

なぜ、江ノ島がある湘南・鎌倉を舞台にしたのか。

それは、

・環境 - ”自然とのつながり“によって育まれる豊かさ
・人- ”地域とのつながり“ によって生まれる活発なコミュニケーション

湘南・鎌倉地域は、横のつながりがあり、それは一人一人が自立した個人であることを尊重することが前提にあります。
ここでは、横のつながりによって面白いコトがたくさん、そして早いテンポで生まれ続けています。

「従来の縦社会の映画制作ではなく、このような横のつながりで映画制作がしたい。」

湘南に映画文化を作ることで、映像制作のコミュニティを充実させ、クリエイティブな映画を作り続けたいと思います。
そのために、まず「江ノ島シネマ」プロジェクトを成功させ、映画で地域を盛り上げていきます。

サポートメンバー募集

「江ノ島シネマ」プロジェクトを推進していくにあたり、このような方達を探しています。

・観て応援してくださる方
・映画を上映してくれる場所を提供して、上映機会を増やしてくださる方
・この活動そのものに応援して共感してくださる方

そして、関わるメンバーは、今回の映画制作を仕事としてというよりは、この活動に共感して集まっています。
そのためクラウドファンディングを通じてみなさんの応援をいただきながら、こうした取り組みを広げていきたいと思っています。

※プロジェクトスタートは、4月末〜5月初旬を予定

おわりに

これから、noteにおいては制作過程や最新情報を随時更新していきたいと思っています。
facebook、Twitterでもリアルタイムで制作現場や最新の上映情報をお知らせさせていただく予定です。
少しでも共感・興味を持った方はフォロー・シェアなどしていただけますと幸いです。

Twitter:@enoshima_cinema
facebook:江ノ島シネマ




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

江ノ島シネマ運営部

個性豊かな映画作家たちが送る江ノ電ひと駅ごとの短編映画集。 2019年茅ヶ崎映画祭 上映(イオンシネマ茅ヶ崎)※チケット完売 現在、制作運営資金をクラウドファンディング挑戦中です!https://camp-fire.jp/projects/view/157105

江ノ電各駅を舞台にした短編映画集「江ノ島シネマ」制作日誌

企画・運営をしております、江ノ電各駅を舞台にしたオムニバス映画「江ノ島シネマ」のHPがリリース致しました。プロ・アマ問わず意欲ある有志の作家たちで作られた全8駅の物語です。よろしければ覗いてみてください。撮影は4月末スタート!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。