映画全データ有料マガジン

11
ノート

「スタジオジブリ」全データ

【「スタジオジブリ」全データ】

昭和から平成にかけて宮崎駿監督・高畑勲監督の両巨頭を有して日本の劇場版アニメーション業界を牽引してきた「スタジオジブリ」。

しかし、「スタジオジブリ」の製作部門の一時休止を経て、日本の劇場版アニメーション業界は転換期を迎えました。

このnoteは「スタジオジブリ」の「歴代作品興行収入」や「歴代作品平均視聴率」、「歴代作品別DVD売上枚数」などを収録。
読み応え

もっとみる

俳優・女優別週間1位獲得回数ランキング

【俳優・女優別週間1位獲得回数ランキング】

毎週公開される「週間興行収入ランキング」。
映画業界では興行収入に並んでヒットしたかどうかを図るものさしとして重要視されています。
テレビや雑誌などでも「何週連続1位を記録」など、映画界の話題には必ずといっていいほど週間興行収入ランキングが登場します。

そんな週間興行収入ランキングですが、どの俳優が週間1位を通算で1番獲得したのでしょうか?
このno

もっとみる

映画オープニング成績全データ

【映画オープニング成績全データ】

「映画オープニング成績全データ」では、2002年第7週以降の日本での週間興行収入ランキングの各種データや記録をご紹介します。

日頃からスキやコメント、クリエイターサポートなどのご支援を頂き、感謝致します。
今後も「エンタメの殿堂」を発展のため、クリエイターサポートなどの皆様のご支援をよろしくお願いします。

○目次○
○第一章 「年代別週間興行ランキング」

もっとみる

ジャニーズ主演映画全データ

【ジャニーズ主演映画全データ】

1962年に創業したジャニーズ事務所。
現在ではアイドル事務所として知られています。

2019年までの57年間に亘り、男性アイドル業界のトップ事務所を維持しています。
創業から数々のアイドルがデビューしていますが、中にはSMAPや嵐など各時代を代表する国民的なアイドルも誕生しています。

このnoteはジャニーズ事務所所属俳優を中心にテレビ・邦画業界を考察してい

もっとみる

2次利用収益構造モデル作品

【2次利用収益構造モデル作品】

現在、女児向け番組として無類の強さを誇っている「プリキュア」シリーズ。
長年人気が衰えない「仮面ライダー」シリーズや「スーパー戦隊」シリーズ。
世界的な人気を誇る「ポケットモンスター」。
昨年(2018年)大ブームとなった連続ドラマ「おっさんずラブ」。

上記の作品に共通しているキーワードこそ「2次利用収益構造」です。
2次利用収益構造とはテレビ番組を中心に映画や

もっとみる

俳優別主演映画総興行収入ランキング完全版

【俳優別主演映画総興行収入ランキング完全版】

全128名分の「俳優別主演映画総興行収入ランキング」や「主演映画2000年代ランキング」、「主演映画2010年代ランキング」、「俳優主演映画興行収入ランキング」を収録。
また、俳優128名の主演映画の興行収入も個別に収録。

このnoteは興行収入の発表が始まった2000年~2018年の各俳優の主演映画興行収入を集計してランキング化しています。
読み

もっとみる

邦画アニメ製作スタジオ勢力図

【邦画アニメ製作スタジオ勢力図】

昭和から平成にかけて宮崎駿監督・高畑勲監督の両巨頭を有して日本の劇場版アニメーション業界を牽引してきた「スタジオジブリ」。

しかし、「スタジオジブリ」の製作部門の一時休止を経て、日本の劇場版アニメーション業界は転換期を迎えました。

このnoteは「スタジオジブリ」や「スタジオ地図」などの劇場版アニメーション製作スタジオを中心に邦画アニメーション業界を考察して

もっとみる

平成映画史

【平成映画史】

2019年4月30日で約30年間続いた「平成」が終わり、5月1日から「令和」へと変わりました。

このnoteは平成時代の映画業界を邦画の視点から考察しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「ジャニーズ主演映画全データ」も是非1度ご購読ください。

○目次○
○第一章 「入場者数」
○第二章 「総興行収入」
○第三章 「東宝配給作品興行成

もっとみる

歴代邦画興行収入ランキング

【歴代邦画興行収入ランキング】

「歴代邦画興行収入ランキング」や「歴代邦画実写興行収入ランキング」、「歴代邦画アニメ興行収入ランキング」などを収録。

このnoteは配給収入から興行収入に切り替わった2000年以降の歴代邦画実写興行収入ランキングを考察しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「ジャニーズ主演映画全データ」も是非1度ご購読ください。

○目

もっとみる

2018年邦画白書

【2018年邦画白書】

「劇場版コード・ブルー」が邦画年間興行収入ランキング第1位に輝いた2018年邦画業界。
アニメ映画では「名探偵コナン ゼロの執行人」や「ドラえもん のび太の宝島」のメガヒット。
実写映画では「万引き家族」や「カメラを止めるな!」のブームによる大ヒットなど邦画業界は盛り上がりを見せました。

このnoteは2018年の邦画業界の様々な出来事や事例を一つ一つ掘り下げ、考察して

もっとみる