見出し画像

「このマンガがすごい!」は宝の山

【「このマンガがすごい!」は宝の山】



毎年12月に発表される「このマンガがすごい!」。
2006年度からオトコ版・オンナ版が発表され、人気を博しています。

選考基準は、前年10月1日~9月30日の1年間に単行本が発売されたタイトルを審査対象にしています。
大学の漫画研究会や書店員、ライター、イラストライター、編集者、評論家、俳優、声優など有名無名問わずアンケートに参加している点も特徴です。

このnoteはこのマンガがすごい!の視点から映画業界を考察しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「ジャニーズ主演映画全データ」も是非1度ご購読ください。


○目次○
○第一章「このマンガがすごい!とは」
○第二章「歴代受賞作品」
○第三章「歴代映画化作品」
○第四章「歴代映画作品興行収入ランキング」
○第五章「今後の展望」



○第一章「このマンガがすごい!とは
「このマンガがすごい!」は2006年度から発表がスタートし、その後は毎年発表されています。

審査基準は、前年10月1日~9月30日の1年間に単行本が発売されたタイトルを審査対象にしています。

大学の漫画研究会や書店員、ライター、イラストライター、編集者、評論家、俳優、声優など70名~120名がアンケートに参加し、総合順位を決定しています。

「このマンガがすごい!」はマンガ大賞と同様に書店員や大学生など一般人も審査に関与しており、その点が特徴の1つとなっています。

「このマンガがすごい!」がメディアでの露出が増加するにつれて、大賞やノミネート作品が映画化される事例も増加しています。



○第二章「歴代受賞作品
この章では歴代のこのマンガがすごい!受賞作品を振り返って考察していきます。

『このマンガがすごい!歴代受賞作品』
第1回(2006年度)
オトコ版受賞作品
「PLUTO」
オンナ版受賞作品
「ハチミツとクローバー」(映画化・連続ドラマ化)

第2回(2007年度)
オトコ版受賞作品
「デトロイト・メタル・シティ」(映画化・アニメ化)
オンナ版受賞作品
「ハチミツとクローバー」(映画化・連続ドラマ化)

第3回(2008年度)
オトコ版受賞作品
「ハチワンダイバー」(連続ドラマ化)
オンナ版受賞作品
「君に届け」(映画化・アニメ化)

第4回(2009年度)
オトコ版受賞作品
「聖☆おにいさん」(映画化・ドラマ化)
オンナ版受賞作品
「坂道のアポロン」(映画化・アニメ化)

第5回(2010年度)
オトコ版受賞作品
「バクマン。」(映画化・アニメ化)
オンナ版受賞作品
「ちはやふる」(映画化・アニメ化)

第6回(2011年度)
オトコ版受賞作品
「進撃の巨人」(映画化・アニメ化)
オンナ版受賞作品
「HER」

第7回(2012年度)
オトコ版受賞作品
「ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事塲から~」(ドラマ化)
オンナ版受賞作品
「花のズボラ飯」(連続ドラマ化)

第8回(2013年度)
オトコ版受賞作品
「テラフォーマーズ」(映画化・ドラマ化・アニメ化)
オンナ版受賞作品
「俺物語!!」(映画化・アニメ化)

第9回(2014年度)
オトコ版受賞作品
「暗殺教室」(映画化・アニメ化)
オンナ版受賞作品
「さよならソルシエ」

第10回(2015年度)
オトコ版受賞作品
「聲の形」(映画化)
オンナ版受賞作品
「ちーちゃんはちょっと足りない」

第11回(2016年度)
オトコ版受賞作品
「ダンジョン飯」
オンナ版受賞作品
「ヲタクに恋は難しい」(映画化・アニメ化)

第12回(2017年度)
オトコ版受賞作品
「中間管理録トネガワ」(アニメ化)
オンナ版受賞作品
「金の国 水の国」

第13回(2018年度)
オトコ版受賞作品
「約束のネバーランド」(アニメ化)
オンナ版受賞作品
「マロニエ王国の七人の騎士」

第14回(2019年度)
オトコ版受賞作品
「天国大魔境」
オンナ版受賞作品
「メタモルフォーゼの縁側」

このマンガがすごい!オトコ版・オンナ版共に歴代受賞作品の多くが映画化やテレビアニメ化、連続ドラマ化されています。

今後も2017年度(第12回)~2019年度(第14回)を中心に大賞作品のメディアミックスが展開される見込みです。

第三章では「このマンガがすごい!」受賞作品の映画化作品を考察しています。



○第三章「歴代映画化作品
この章ではこのマンガがすごい!歴代大賞作品の映画化作品を振り返って考察していきます。

『第1回このマンガがすごい!(2006年度)』
「ハチミツとクローバー」
第1回・第2回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
公開 2006年7月22日
配給 アスミック・エース
監督 高田雅博
主演 櫻井翔
興行収入 5億5000万円


『第2回このマンガがすごい!(2007年度)』
「デトロイト・メタル・シティ」
第2回このマンガがすごい!オトコ版受賞作品
公開 2008年8月23日
配給 東宝
監督 季闘士男
主演 松山ケンイチ
興行収入 23億4000万円

「ハチミツとクローバー」
第1回・第2回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
公開 2006年7月22日
配給 アスミック・エース
監督 高田雅博
主演 櫻井翔
興行収入 5億5000万円


『第3回このマンガがすごい!(2008年度)』
「君に届け」
第3回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
公開 2010年9月26日
配給 東宝
監督 熊澤尚人
主演 多部未華子、三浦春馬
興行収入 15億3000万円


『第4回このマンガがすごい!(2009年度)』
「聖☆おにいさん」
第4回このマンガがすごい!オトコ版受賞作品
公開 2013年5月10日
配給 東宝映像事業部
監督 高雄統子
劇場版アニメ作品
興行収入 3億0000万円(推定)

「坂道のアポロン」
第4回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
公開 2018年3月10日
配給 東宝、アスミック・エース
監督 三木孝浩
主演 知念侑李
興行収入 5億5000万円


『第5回このマンガがすごい!(2010年度)』
「バクマン。」
第5回このマンガがすごい!オトコ版受賞作品
公開 2015年10月3日
配給 東宝
監督 大根仁
主演 佐藤健、神木隆之介
興行収入 17億6000万円

「ちはやふる」
第5回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
(第1作「ちはやふる-上の句-」)
公開 2016年3月19日
配給 東宝
監督 小泉徳宏
主演 広瀬すず
興行収入 16億3000万円

(第2作「ちはやふる-下の句-」)
公開 2016年4月29日
配給 東宝
監督 小泉徳宏
主演 広瀬すず
興行収入 12億2000万円

(第3作「ちはやふる-結び-」)
公開 2018年3月17日
配給 東宝
監督 小泉徳宏
主演 広瀬すず
興行収入 17億3000万円


『第6回このマンガがすごい!(2011年度)』
「進撃の巨人」
第6回このマンガがすごい!オトコ版受賞作品
(第1作「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」)
公開 2015年8月1日
配給 東宝
監督 樋口真嗣
主演 三浦春馬
興行収入 32億5000万円

(第2作「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」)
公開 2015年9月19日
配給 東宝
監督 樋口真嗣
主演 三浦春馬
興行収入 16億8000万円


『第7回このマンガがすごい!(2012年度)』
該当作品なし


『第8回このマンガがすごい!(2013年度)』
「テラフォーマーズ」
第8回このマンガがすごい!オトコ版受賞作品
公開 2016年4月29日
配給 ワーナー
監督 三池崇史
主演 伊藤英明
興行収入 7億8000万円

「俺物語!!」
第8回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
公開 2015年10月31日
配給 東宝
監督 河合勇人
主演 鈴木亮平
興行収入 9億0000万円


『第9回このマンガがすごい!(2014年度)』
「暗殺教室」
第9回このマンガがすごい!オトコ版受賞作品
(第1作「暗殺教室」)
公開 2015年3月21日
配給 東宝
監督 羽住英一郎
主演 山田涼介
興行収入 27億7000万円

(第2作「暗殺教室~卒業編~」)
公開 2016年3月25日
配給 東宝
監督 羽住英一郎
主演 山田涼介
興行収入 35億1000万円


『第10回このマンガがすごい!(2015年度)』
「聲の形」
第10回このマンガがすごい!オトコ版受賞作品
公開 2016年9月17日
配給 松竹
劇場版アニメ作品
興行収入 23億0000万円


『第11回このマンガがすごい!(2016年度)』
「ヲタクに恋は難しい」
第11回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
公開 2020年ー月ー日(予定)
配給 東宝、東和ピクチャーズ
監督 福田雄一
主演 高畑充希、山崎賢人
興行収入 ー万円


『第12回このマンガがすごい!(2017年度)』
該当作品なし


『第13回このマンガがすごい!(2018年度)』
該当作品なし


『第14回このマンガがすごい!(2019年度)』
該当作品なし

このマンガがすごい!歴代受賞作品は高い確率で映画化されていることが読み取れます。

また、映画化されるまで2年~3年程度かかるため、第12回(2017年度)~第14回(2019年度)のこのマンガがすごい!受賞作品は今後の映画化に期待が懸かります。

第11回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品「ヲタクに恋は難しい」は、高畑充希さん&山崎賢人さん主演で2020年に公開が予定されています。



○第四章「歴代映画作品興行収入ランキング
この章では歴代このマンガがすごい!受賞作品の興行収入ランキングを考察していきます。

『興行収入ランキング』
1位 「暗殺教室~卒業編~」35億1000万円
2位 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」32億5000万円
3位 「暗殺教室」27億7000万円
4位 「デトロイト・メタル・シティ」23億4000万円
5位 「聲の形」23億0000万円
6位 「バクマン。」17億6000万円
7位 「ちはやふる-結び-」17億3000万円
8位 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」16億8000万円
9位 「ちはやふる-上の句-」16億3000万円
10位 「君に届け」15億3000万円
11位 「ちはやふる-下の句-」12億2000万円
12位 「俺物語!!」9億0000万円
13位 「テラフォーマーズ」7億8000万円
14位 「ハチミツとクローバー」5億5000万円
14位 「坂道のアポロン」5億5000万円
16位 「聖☆おにいさん」3億0000万円(推定)
※上記の内容の無断転載やSNSへの無断転用等は禁止しています。

現在、このマンガがすごい!発の映画化作品は16作品。
その中で「暗殺教室~卒業編~」が35億1000万円を記録し、1位に輝いています。

興行収入別では30億円超が2作品、10億円超が11作品。
興行収入10億円以上の作品が全体の半数以上を占めていることが読み取れます。

今後、「暗殺教室~卒業編~」を超えるメガヒット作品は誕生するのでしょうか?



○第五章「今後の展望
この章ではこのマンガがすごい!発の映画化作品の今後を考察していきます。
それでは現在、映画化が決定している作品を見ていきましょう。

『公開予定のこのマンガがすごい!発映画作品』
「ヲタクに恋は難しい」
第11回このマンガがすごい!オンナ版受賞作品
公開 2020年ー月ー日(予定)
配給 東宝、東和ピクチャーズ
監督 福田雄一
主演 高畑充希、山崎賢人
興行収入 ー万円
※上記の内容の無断転載やSNSへの無断転用等は禁止しています。

現在、1作品の製作が進んでいます。
「ヲタクに恋は難しい」は高畑充希さん&山崎賢人さん主演の話題作。
興行収入10億円以上のスマッシュヒットが期待されています。

今後も第12回(2017年度)~第14回(2019年度)のこのマンガがすごい!受賞作品の映画化に期待が懸かります。


「エンタメの殿堂」では、他にも様々なノートを配信しています。
「俳優別主演映画総興行収入ランキング完全版」や「女優別主演映画総興行収入ランキング完全版」なども是非1度ご購読ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

スキありがとうございます。
1

エンタメの殿堂

「エンタメの殿堂」公式note。 有料note大幅値下げ中。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 その他、映画に関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。

無料マガジン

「エンタメの殿堂」公式マガジン。 無料noteを多数収録。 ぜひ、購読をよろしくお願いします。 マガジンの内容は無断転載やSNSへの無断転用等を禁止。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。