見出し画像

第20回週間映画興行収入ランキング(2019年4月第4週)

【第20回週間映画興行収入ランキング(2019年4月第4週)】



今週のランキングは「名探偵コナン 紺青の拳」VS「アベンジャーズ エンドゲーム」。
「名探偵コナン 紺青の拳」のV3か?
「アベンジャーズ エンドゲーム」の初登場1位か?
また、「東映まんがまつり」、「バースデー・ワンダーランド」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。
「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。


集計期間 2019年4月27日~4月28日

『週間映画興行収入ランキング』
1位 「アベンジャーズ エンドゲーム」9億6200万円
2位 「名探偵コナン 紺青の拳」ー万円
3位 「キングダム」ー万円
4位 「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」ー万円
5位 「シャザム!」ー万円
6位 「翔んで埼玉」ー万円
7位 「映画 おしりたんてい カレーなる じけん(東映まんがまつり)」ー万円
8位 「劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」ー万円
9位 「ドラえもん のび太の月面探査記」ー万円
10位 「バースデー・ワンダーランド」ー万円

「アベンジャーズ エンドゲーム」が初登場1位。
「アベンジャーズ」シリーズ第4作目。
土日2日間で観客動員62万8000人、興行収入9億6200万円。
公開3日間で観客動員96万人、興行収入14億円を稼ぎ、爆発的なオープニング成績を記録。
興行収入100億円を達成できるかが焦点。
1週目 約9億6200万円
観客動員は96万0000人を突破しています。
興行収入50億円が目標ライン。
興行収入14億0000万円を突破しています。

「名探偵コナン 紺青の拳」は先週までの2週連続1位から2位にランクダウン。
劇場版「名探偵コナン」シリーズ第23作目。
「アベンジャーズ エンドゲーム」に首位を譲り、V3達成できず。
前作「名探偵コナン ゼロの執行人」(興行収入91億8000万円)を上回れるかが焦点となります。
興行収入100億円を達成できれば令和初の100億円作品。
1週目 約14億6300万円
2週目 約8億8600万円
3週目 約ー万円
興行収入100億円が目標ライン。

「キングダム」は先週2位から3位にランクダウン。
原泰久原作による人気漫画の映画化作品。
山崎賢人主演の話題作。
来週には目標ラインの興行収入30億円を達成する見込み。
1週目 約5億2600万円
2週目 約ー万円
興行収入30億円が目標ライン。

「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」は先週3位から4位にランクダウン。
劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ第27作目。
前作「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」(興行収入18億4000万円)を上回れるかが焦点。
来週には目標ラインの興行収入15億円を達成する見込み。
1週目 約2億8800万円
2週目 約ー万円
興行収入15億円が目標ライン。

「シャザム!」は先週4位から5位にランクダウン。
DCコミックのヒーローの映画化作品。
日本ではアメコミ映画は厳しい状況。
1週目 約1億6600万円
2週目 約ー万円
興行収入10億円が目標ライン。

「翔んで埼玉」は先週から2週連続で6位を維持。
二階堂ふみ&GACKT主演の話題作。
魔夜峰央原作による漫画の実写映画化作品。
二階堂ふみ&GACKT主演の話題作。
10週連続TOP10圏内にランクイン。
配給元の東映は「ドラゴンボール超 ブロリー」(興行収入38億9556万円)以来となる大ヒットを記録。
来週には目標ラインの興行収入35億円を達成する見込み。
1週目 約2億5900万円
2週目 約2億8000万円
3週目 約2億7000万円
4週目 約2億2700万円
5週目 約1億7400万円
6週目 約1億6500万円
7週目 約1億0400万円
8週目 約7600万円
9週目 約4500万円
10週目 約ー万円
興行収入35億円が目標ライン。

「映画 おしりたんてい カレーなる じけん」が初登場7位。
東映まんがまつり作品。
29年ぶりに復活した東映まんがまつりの4作品の1つ。
予想外の好オープニング成績を記録しています。
1週目 約ー万円
興行収入3億円が目標ライン。

「劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」は先週5位から8位にランクダウン。
武田綾乃原作によるアニメの映画化作品。
全国73スクリーンでの公開ながら2週連続ランクイン。
1週目 約6600万円
2週目 約ー万円
興行収入5億円が目標ライン。

「ドラえもん のび太の月面探査記」は先週8位から9位にランクダウン。
映画ドラえもんシリーズ通算第39作目。
9週連続TOP10圏内にランクイン。
シリーズ最高興行収入を記録した前作「ドラえもん のび太の宝島」(興行収入53億7000万円)を上回れるかが焦点。
目標ラインの興行収入50億円達成は微妙な状況。
1週目 約6億9500万円
2週目 約6億1200万円
3週目 約4億3700万円
4週目 約3億1000万円
5週目 約3億2300万円
6週目 約1億7400万円
7週目 約9700万円
8週目 約4100万円
9週目 約ー万円
興行収入50億円が目標ライン。

「バースデー・ワンダーランド」が初登場10位。
原恵一監督の第12作目。
予想外の厳しいオープニング成績となりました。
1週目 ー万円
興行収入3億円が目標ライン。



『来週ランクイン有力作品』
(邦画)
「映画 賭ケグルイ」
「ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー」
「薔薇とチューリップ」
「恋するふたり」
(洋画)
「名探偵ピカチュウ」
「ザ・フォーリナー 復讐者」

来週は5月第1週目を迎えます。
「平成」から「令和」に移って最初の週間ランキングです。
来週のオープニング成績予想
○「名探偵ピカチュウ」4億5000万円~5億5000万円
○「映画 賭ケグルイ」5000万円~1億5000万円
○「KING OF PRISMA Shiny Seven StarsⅣ」5000万円~1億5000万円

詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

スキありがとうございます。
3

エンタメの殿堂

「エンタメの殿堂」公式note。 有料note大幅値下げ中。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 その他、映画に関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。

週間映画興行収入マガジン

「エンタメの殿堂」公式マガジン。 「週間映画興行収入ランキング」を収録。 「週間映画興行収入ランキング」毎週金曜日に配信中。 ぜひ、購読をよろしくお願いします。 マガジンの内容は無断転載やSNSへの無断転用等を禁止。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。