心的態度におけるバランスの欠如の考察

※有料部分の情報への外部での言及、及び転載は厳禁です。購入者との間で疑義が生じ、かつ協議が困難な場合には「東京地方裁判所」又は「東京簡易裁判所」を専属の管轄裁判所とします。

心的態度におけるバランスの欠如

MBTIタイプのエニアグラムとの関連

ユングの類型とエニアグラムの相関関係の考察

の記事の続き。懲りずにでっちあげた独自考察。

※エビデンス皆無です。特定のタイプ及び人物を批判する意図はございません。

原著ではエニアのタイプがMBTIの心理機能と「相当する」と書かれている。曖昧な言い回しだが、仮にこれを「バフがかかる」と解釈すると、「心的態度におけるバランスの欠如」の記事で挙げられている「主機能と補助機能のどちらも外向or内向してしまう事態」が発生しやすい組み合わせがあるんじゃないかと考えた。

仮説:MBTIの補助機能と内外逆の心理機能にバフがかかるエニアタイプを引くと内外のバランスを崩しやすい。

※バフとは…ステータス上方効果。ネトゲ用語。

この続きをみるには

この続き:967文字

心的態度におけるバランスの欠如の考察

ツルコレ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ツルコレ

コメント1件

エニアグラムの本を読み始めて気がついたことですが、訂正か所があります。
タイプ6はFi
タイプ9はSiにあたります。

あなたのブログで本やセミナーに興味を持ちました。
関西なので、ペースは遅いですが、可能な限りすすめます。
界隈メンバーに言葉が通じないことや普及のむずかしさがあると思いますが、頑張ってください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。