発泡し続けろソーダ水 – 好きにならずにいられてよかった〈3〉

手渡されたソーダ水の口をひねって、勢いよく噴き出してきた炭酸はもう、恋のはじまりの盛大なファンファーレでしかなかった。

仲間うちでの持ち寄りパーティで、お酒を割る炭酸水が切れて買い出しに行ってくれた彼は、そういえば思ったよりもずいぶん早くに戻って来た。そして、その炭酸水がブシユッ!!!!! と派手に弾けた瞬間、彼の道中での振動が、はやる鼓動が、気泡となって私に降り注いだ。

どんだけ急いで走って買って来てくれたの? 純粋で、真っ直ぐで、好きになる以外ない彼の仕打ち。
手や、服が、お気に入りの靴が、泡だらけでびしょ濡れになって一体どうしてくれるの? ってな始末になったところで何? もう大好きだよこんな人! 好きにならずにいられるはずが、なかった。

なのに、好きにならなかった。全然。
彼女いないし、アクティブだし、小指の爪もたぶん伸ばしてなかった。地方アイドルヲタだけどそれが何? 情熱家! なのにナゼ……ナゼすぎる。

とかいいつつ、たぶん顔なのだ。顔が好みじゃなかった。

そんなことで! もう、こんな私がダメだ。こんな私に好きになられなくて、彼はよかった。

付き合ったって、初めてのケンカで「はいはい! どーせあのパーティん時、すぐ外にあった自販機で買ったのに、部屋に戻って入る直前にガンガンに振って差し出したんでしょ!」とか要らぬ邪推をして、いたずらに彼を傷つける。いいことない。彼にとって。

それにきっと、こんな風に人を見る目のなさと持て余すほどの自我とで、彼を破滅させる。そしてその窮屈さから、やがて彼は他に女の人をつくる。本意ではないのに、と苦悶しながら財産もろとも彼女にのめり込む。The・破産。同情しかない。つぎ込んだ相手が私じゃないのは惜しいけれど。

だからきっと……好きにならずにいられてよかった。彼のために。
一度フタを開けてしまった炭酸水は気が抜けていくのだ、仕方ない。

好きにならずにいられる理由を探してホッとしている。
好きになってもらえるはずがないからと、傷つく前に早々に退散。
ホントはどーでもいい理由にかこつけて。
好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間―。


---------------

※外部リンク先の元記事〈1〉〜〈9〉が手違いで消えてしまったので、あらためて加筆修正しnoteに順次アップしています。

『好きにならずにいられてよかった』
〈1〉赤身か白身か
〈2〉その手はつなげない
〈3〉発泡し続けろソーダ水
〈4〉湯上がり銭湯男子
〈5〉チョコひと粒の恋
〈6〉それは言ってほしかった
〈7〉第3の男子
〈8〉番外編:好きよか考察
〈9〉えだまめ女子とブロッコリー男子の恋
〈10〉優しみあまる必レス男子
〈11〉コロッケ一個で堕ちる



帰っちゃいますか?(男子発言ノート20より)
28

大島智衣

好きにならずにいられてよかった

【連載エッセイ】好きにならずにいられる理由を探してホッとしている。好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間―。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。