コロッケ一個で堕ちる−好きにならずにいられてよかった〈11〉

恋に落ちるのには、たった一個のコロッケがあればじゅうぶんだった。

「コロッケ、よかったら」
そうAさんに差し出されたコロッケに、瞳孔が思わずぐんと開いた。めっちゃおいしそう。夕方に差し掛かり小腹が空いてきていた食欲の瞳孔もぐぐんと開いた。揚げたてだったし、昔ながらの名店のだった。

続いて「誕生日プレゼント?」と少しいたずらっぽく笑うAさん。こころの瞳孔までもがぐっぐーん!

先日、40歳の誕生日に誰にも祝われなかった。そのうえ、トホホなもらい事故が重なり、泣きっ面に蜂だった出来ごとについて書いた。(40歳になった。誰からも祝われなかった。/『大島智衣の「oh! しまった!!」』)
それを読んでくれてしまったAさんのやさしい気遣いだろうと理解した。もしくは同情……?

喰む。なんてうまいコロッケだろう。ありがたく戴いて、そのおいしさにホロリとする。あの日からスースーと心に空いていた穴に、じゃがいものパテを塗って埋められた思い。よっ! 左官屋さん! いい仕事しますね!!

やばい好きになる。このままだと好きになってしまう。たった一個のコロッケで。

ホクホクと心が大いに満たされ、これじゃぁ好きにならずにいられない。でも! 私こんなだし。コロッケ一個で堕ちる女だし。 

いや、そもそも彼女いるしねAさん!!!涙

好きにならずにいられる理由を探してホッとしている。
好きになってもらえるはずがないから、傷つく前に早々退散。
ホントはどーでもいい理由にかこつけて。
好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間—。

コロッケなんてじぶんで買える。Aさんに振る舞ってもらえなくったって。

そう強がって、それでも、口の中にいつまでも残るじゃがいもの余韻が嬉しくて、家に帰って歯も磨かずに寝た。


大島智衣Twitter
フォロー・RT等お気軽に。



素敵です(男子発言ノート6より)
46

大島智衣

好きにならずにいられてよかった

【連載エッセイ】好きにならずにいられる理由を探してホッとしている。好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間―。

コメント5件

コロッケ一個で恋に堕ちる女…笑!可愛いし、めっちゃ笑いました笑!
文坂さん ありがとうございます☺️ コロッケ(しかも小ぶり)の威力、スゴイので気をつけてくださいね!(?)笑
あったかいコロッケ!恋に堕ちるのわかります😊お店の普通のコロッケが、食べたいです💐
lireさん あったかい食べものっていろいろこころがほぐれますよね。普通のコロッケが一番😊!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。