「飲んでる場合じゃないんだけどね」 -男子発言ノート36

「ぽっ」とひとときくらい、甘い気持ちになりたい。
寒いし、世間はざわざわしてるし、クリスマスケーキにはまだ少し早い。
こんなときは、とっておきの発言を引っ張り出してきたい。

「飲んでる場合じゃないんだけどね、本当は」

スケジュール調整を重ねに重ね、気になる人とようやく飲みに行けることになった冬のある寒い夜。
バーのカウンターで横並びに座って、仕事の進捗状況などを手短に話してくれた彼は、こう結んで少し自嘲気味に笑った。

「飲んでる場合じゃないんだけどね、本当は」

飲んでる場合じゃないくらい忙しい彼だった。
いくつもの案件を、途切れることなくいつも抱えていて、それでいて朝方人間だった。

朝方人間って、メチャクチャ忙しい人がなるやつでしょ?
朝の、いちばん冴えてるクリアな時間に、仕事チャッチャとクリエイトしちゃおう。っていう、意識高い人がシフトチェンジする、ライフの、ワークスタイルの。

それほどご多忙な人が、

「飲んでる場合じゃないんだけどね、本当は」

そう、時間をムリクリ作って駆けつけてくれた事実!
彼に好意を抱いていた私は嬉しくて、期待がふくらんで。

飲んでる場合じゃないけれど、飲んでいる彼。
本当は飲んでる場合なんかじゃないのに、じゃぁ、なんで?
なんで飲んでるの、私と……?


っぽーっ!!! ぽぽぽぽぽーーーっつ!!!


「ぽっ」じゃ済まなかった。

頭の中から引っ張り出して何度だって開きたいページに、このセリフは書き留めてある。寒いさむい冬の晩に恋をした温もり色の付箋を貼って。



💬 Twitter
「#プチ男子発言ノート」も時々つぶやきます。フォロー等お気軽にぜひ。

*Web ミームの箱船|大島智衣


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

恋かも!?(男子発言ノート14より)
48

大島智衣

エッセイ・コラムニスト/『好きにならずにいられてよかった』、『男子発言ノート 〜どうせ“私じゃない誰か”を好きな男たちの言動について』、漫画家つきはなこさんとのマガジン『ピン留めの惑星』他、連載中。www.ohshimatomoe.com

男子発言ノート

【連載エッセイ】どうせ“私じゃない誰かを好きな”男たちの言動について。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。