「○玉出るかも」 -男子発言ノート46

「彼女欲しいよ、おーしまさーん。結婚したいよ、誰か紹介してよー」

事あるごとにそう訴えてくるアラフォー男子が、お茶をしながら報告をしてきた。

「最近、俺モテてるかも」

なになに、よかったじゃないですか〜! と称えると、「でもなんか、ちょっと違うんだよね……」とスマホの画面に目線を落としながらうなだれている。

見せてくださいよ〜と彼のスマホを覗き込むと、画面越しにも伝わるノリノリのテンションで、「○○さん! 私、今、メッチャ発情してます!笑」みたいなLINEが送られてきていた。

発情? ──じぶんが発情していることなど誰かにわざわざ報告したりすることのない大多数派のうちの一人である私は、驚きつつも、すごいじゃないですか誘われちゃってるじゃないですか! とさらに称えた。
しかし彼は、複雑な表情でこう答えるのだった。

「だから違うんだよ、俺が求めてるのは。ラブリーなセックスがしたいの、俺は」

……あっそう。

でも〈それはそれ、これはこれ〉で、この彼女にもいっとけばいいじゃないですか〜、と私も私だがなことを言うと、

「いや、だって。俺もそろそろ……赤玉出るかも、と思って

と、深刻そうに告白。

何よ、赤玉って?
景品抽選会でやるガラガラが頭に浮かび、そこから「ポン」とハズレの赤い玉が出る。

「知らない? 赤玉って。“打ち止め”ってこと。
俺も結構、遊んできたからさー」

そうなんだ?

(赤玉とは、男性が生涯で☓☓デキる上限に達したときにあそこから出ると言われている都市伝説の玉。ガラポンの玉ではなく、昔パチンコ屋で打ち止め時に出た赤い玉。……からきているらしい。諸説あり。)

彼の年齢からして、まだそんなことを心配するには早いとは思ったけれど、残りわずかとなってきているかもしれない限られた“生命力”を、もはや無駄打ちはせずに、愛するひとに捧げたい。ということであれば、マジ出会えると……いいね!! と渾身のエールを送る以外なかった。

こんなことを訊いてみた。

じゃぁ、残りあと玉3つは残ってるとして、その1つだけでもその彼女にはいかない?

「……いかないなぁ」

めっちゃ玉、大事にしてる。

でも、そういうものかもしれない。
有限だと実感してこそ、ひとはそれを大事にする。

 

-----

💬 Twitter版 男子発言ノートも時々つぶやいています。
お気軽にフォローなどどうぞ。

▼今後のラインナップ(予定)
「なんでもないキスだったんじゃない?」
「それやってたらウチら結婚してるよ」
「ボランティアじゃないんだから」
etc...

✎ あとがき
今回は、かねてより書籍化・映像化を……!!と願っています「男子発言ノート」などのエッセイたちを、#コミックエッセイ大賞 コンテストの審査員さんたちの目に触れさせたい!! 今回のコンテストの趣旨には合っていなくても、今後の何かのきっかけになれば!! ──という思いから、イラスト画像を付けて応募投稿してみました。

⇨『男子発言ノート』ドラマ化 企画案&シナリオ(案)
https://docs.google.com/document/d/1KWZiLtgm88p7bEahEYVTbr9Vh7UM57qwmHt6odG9qm4/edit?usp=sharing

「今日一日、人に接しよく働いたけど、誰にも私のほんとうのキモチを話せなかったな」

……なんて、どんな誰にもある消化不良のモヤモヤする夜に、そっとひらいてページをめくるだけで、大好きなエピソード回やシーンを観返すだけで、その日のじぶんをちいさく讃えてもらえるような認めてもらえるような作品を、どうしようもなくなってしまった状態から1ミリでも身動きできるようになれる作品を、いつでも、これからも、手放したくはありません。必要です。

そしてそれを、他に必要としているひとたちにも、届けたいです。

大島智衣

男子発言ノート
好きにならずにいられてよかった

>>プロフィール



マジですか(男子発言ノート8より)
44

大島智衣

男子発言ノート

【連載エッセイ】どうせ“私じゃない誰かを好きな”男たちの言動について。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。