ジュード・ロウに号泣-映画『ホリデイ』

今までに一番泣いた映画といえば『さらば、わが愛~覇王別姫』ですが、今までに一番"アホな理由で"泣いた映画はキャメロン・ディアス主演『ホリデイ』で間違いありません。

ホリデイ』とは?

キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックらが競演するロマンティック・コメディ。ハリウッドで映画予告編製作会社を経営するアマンダと、ロンドンで新聞社に勤めるアイリス。それぞれ失恋したばかりの2人は、お互いの家や車を交換して休暇を過ごす“ホーム・エクスチェンジ”をすることによって、人生の新たな一歩を踏み出していく。監督は「恋愛適齢期」のナンシー・メイヤーズ。(映画.comより)

……という、パンパカパーン☆なステキ感動映画で、俳優陣も脚本も素晴らしく、特にケイト・ウィンスレットが出会う老人とのエピソードは胸アツで、この映画最大の泣き所かと。

だけど、そんなとこじゃなくて。

全然そんなところじゃなくて、およそアホ過ぎる理由で私が大号泣してしまったのが、まだまだ全然冒頭の、キャメロンが初対面のジュード・ロウといい感じになって一夜を共にしちゃった翌朝、キッチンにいるキャメロンにジュード・ロウがあれこれ話し掛けるんだけど……、

そのジュード・ロウがたまらんのだった。

上下のまつ毛"ぱっちりんこ"のジュード・ロウが、エメラルドグリーン色の瞳でキャメロンを見つめるまなざしたるや! なんとも優しげで、熱っぽくって、下衆くキャメロンをただの一夜だけの相手としてじゃなくて「一人の魅力的な女性に出会っちゃったオレ」が、その恋心に浮かれ!高まり!舞い上がり! はやる気持ちをおさえながらも、誠実な瞳とフェロモンで彼女をロックオン!

あゝジュード・ロウ! いいな、ジュード・ロウ! 私も……あんな風に……ジュードに見つめられたなら……!

だって私、あんな風に男性に見つめられたこと、ない。

いや、あるか!? 昔付き合いたての彼と居酒屋で呑んでた時、「早く家に帰ってイチャイチャしたい」と私の顔を覗き込んできた彼の目もジュード・ロウに近かったかも。や、でもアレはただのエロい目だ。朝ジュードのロウ's eye はもっと全然、「恋」そのものの高揚感を語るキッラキラなまなざしだった。……そんなのは、今まで確実に、ない!

なーんーでーなぁーのおおおーぃ!!!涙涙涙

と、いつの間にかボロボロと涙がこぼれて、号泣しちゃうんですこの映画。 まだ全然、序盤なのに。製作側の狙いどころ、絶対そこじゃないのに。

そんな、誰も意図してないところで勝手に感極まりまくり、「私だって男性にあんな風に見つめられてみたい……ジュードよ、こっちを、キャメロンではなくこっちを見てくれえぇい。スクリーン越しにでも私をーーー!」と肩をうち震わせ泣いている多感めな女が一人、映画館の暗がりで客席シートに深くふかく沈んでいたことは誰も知る由あるまい。……な作品なのでした。

こんな泣ける映画、そうないです。

〈画像:©2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.〉

帰っちゃいますか?(男子発言ノート20より)
45

大島智衣

コメント2件

ジュード・ロウの見つめ方勉強しよっと(*´∀`)
習得されたらいつきんぐさん最強かと。笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。