第三の“やぶさかではない”男子 -好きにならずにいられてよかった〈7〉

好きにならずにいられる理由を探してホッとする。
好きになってもらえるはずがないから、傷つく前に早々退散。
ホントはどーでもいい理由にかこつけて。  

好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間—。

幼い頃に観たアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」の主題歌をいまだに思い出しては、あの甘い歌声とともにその歌詞の意味を反芻する。

♪ 男の子とちがう女の子って
 好きと嫌いだけで 普通がないの 
 (『デリケートに好きして』詞:古田喜昭)

「好き」と「嫌い」だけで「普通」がない……本当にそうなのだろうか? 

「好きな男子」と「嫌いな男子」と、あともう一つ「やぶさかではない男子」というものがあるのではないだろうか。

もしも万が一、向こうからこちらへの好意があると分かった場合に、

“え? 私のことが好き? マジで!? ヤダ興奮して鼻の穴開いちゃった。ん〜〜〜まぁ? そんなに好きだっていうんだったら? 私もやぶさかではないっていうか? むしろ好みっていうか。でも「こんなカッコいい人が私を好きになるわけない!」って早々にそういう目で見るの封印してたんだよね。でもでも、なんだ〜そっか。私のこと……気づいちゃった? うん、付き合お! 絶対ね!! 撤回とかナシね!!!”

……となる、第三の分類“やぶさかではない”男子(以下“やぶ男”)が。

そんなやぶ男のお一人から突然、食事の誘いを受けたことがあった。

彼はとにかく顔がとても素敵で、雰囲気的には……サカナクション。
ひと目見た途端「ヤバいッ!」と重い鋼鉄で出来た心の城門をガーーーン!! と下ろしたほど。

気質もおだやかで、かと思えば毒っ気もあり、そんなバランスも心地良く。さらに共通するマニアックな趣味があって話題に困らず、絡みやすかった。

しかも独身! 彼女なし! 同世代!
もうこれはいくしかない!という相手だった。

しかしそこは、年季の入った非モテの私……。
閉じた城門の小窓から薄目で彼を眺めつつ、はやる気持ちを泥で固め、「メモリアルパーク・好きにならずにいられてよかった墓地」へと涙ながらに彼を葬った。

そんなやぶ男たちが、私の心の中には「始皇帝の兵馬俑」よろしく歴代ズラリ並んでいる。

それなのに、何の奇跡かそのやぶ男氏が、
「仕事で近くまで来たので今日ご飯でもどうですか?」
なんて電話をくれたのだ。

行くよね、そりゃ。食い気味に「行きましょう何食べたいですか!?」って訊いて、行きつけのお店にすぐ電話して今日が定休日じゃないか確認したよね。

浮かれた。浮かれていいと思った。

だって、こんなこと今までにいつあったか思い出せない。ここで浮かれずいつ浮くのか。今でしょう?

が、彼はしょせん、兵馬俑の一体。下手に期待などしないが吉なのだ。

なので暫定、心構えとして「ただ共通の趣味があるから、その話をしたいだけなのだろう。なんならオフ会?」ということにしておいた。

さてしかし、この同じ趣味を持つ、好みすぎる風貌のやぶ男氏と私には、趣味友以上の関係に発展する可能性はあるのだろうか?

そんな疑問と、それでも小さな期待を抱きつつ、待ち合わせ場所で久しぶりに再会した彼はやはり、ハッとするほど好きな顔だった。

ご飯を食べながら、近況を聞き、生い立ちを聞き、共通の趣味の話に没頭した。

「すみません僕の話ばかりで」
というエクスキューズを否定する気も起きなかったくらい、彼の話をガン聞きしたし、残念ながら私自身に関心は向けられなかったように思うけど、顔立ちがイイので機嫌よくずっと見ていられた。

それでも、探究心から彼に幾つか質問をしてみた。

私「やぶ男さんは、多分モテると思うんですけど、女性から誘われてご飯食べに行ったりしないんですか?」

やぶ男「……行かないですね」

おお! それなのに今日は私を誘ってくれたと? ヤダ!

やぶ男「というか、ご飯っていっても、僕、食欲ってないんですよね」

……ん?

やぶ男「いや、お腹空いてないとかの食欲じゃなくて。食事しなくて済むならそれに越したことないっていう」

分かる分かってる、そっちの意味だよね。
そっか……。私は食べるのすごく好きなんだけどなぁ……。

そう、ものすごくガッカリしつつも、この段でかなりホッと安心した自分がいた。
好きにならずにいられて良かったと思える取っ掛かり見つかった」と……。

だって。食べることが大好きな私には、食べることに興味のない人は合わないんじゃないかと思うから。

でも、そんな人が私に会おうとしてくれたのは、共通の趣味ゆえ? ただそれだけ? だとしたらその趣味、どんだけ好きなの?

それから、ムクムクと湧き上がってきていた、
“食欲がない人は、アッチの欲もない、もしくは少ない”んじゃなかろうか? 
というザワつきを、我慢できずに訊いてしまった。

私「え、じゃあその…… 恋愛欲は? (オブラートに包んだー!) 」

やぶ男「……」

私「睡眠欲とかも?(設問を増やしてさらにぼやかしたー!)」

やぶ男「ないですね」

やはりかー!

やぶ男「人と付き合ったりもこれまで勿論してきましたど、そういう相手がいない方が精神的に落ち着くんですよね」

なるほどね。恋愛のドキドキやトキメキに付随する面倒なものを厭がり、精神の安定の方を取る方の人ね。

……分からなくもないけど、いや分かるけど、こういう人を好きになったらたまったもんじゃないよなぁ……超カッコいいし。

ますます加算されていく"好きにならずにいられて良かったポイント"。

やぶ男「睡眠もしないで済むならその方が」

……だろうね。 はー。好きになりたくない、こんな人。でも顔チョー好き。どうしたものか。決定打をくれ。

私「じゃ、食べ物の中で何なら美味しいなって思います?」

やぶ男「……ポテト?」

ぽ?

やぶ男「ポテトとかは、好きです」

ポテトねーーーっ!

うん、美味しいよねポテト。フライドポテトだよね? 私も大好き。揚げたてもいいけど、しんなりした頃がたまらず好きよ。

でも……一番かな? 目つむって「うっめ〜」って舌鼓を打つ旨さ、ポテトにある? 死ぬ前の晩餐に食べたいのとか、ポテトかな?

そう心の中で、ファイナルアンサー「ポテト」への引っ掛かりを、なんとか霧散できないかとあらゆるコードを入力するもバグが消えない! ……を繰り返す中で、なんとか一縷の望みをたずさえた考えが湧いてきた。

あれ? でも、ポテトなら、イモっぽい私にも脈あるかな? と。

だってさ。あまりにも美食家らしい料理や、高級な食材を好きって言われたら、

「ですよねマジそれ美味いっすよね。女性の好みも、私じゃ俄然敵わない感じなんでしょうね」

ってなるけど、ポテトなら、

「え? ポテトでいいんですか? イモですよねポテトって? 素朴な嗜好なんですね。意外!」

ってなるみたいに、好きな女性のタイプ訊かれて、

「おーしまさんかな? おーしまさんとかは、好きです。芋みたいで」

みたいなことにならないかな? うっかり。


……ならねっか。

だって、その後何回か私からも食事に誘ったけど、うまくスルーされたもの。

好きって言ってくれたらなぁ。そしたら私も好きなのに。
顔が、とかいわずホントは、全部やぶさかではなかったのに。

だけど、好きにならずにいられてよかった。私じゃなくて、ポテトが一番な人を……。

-----

💬 Twitter お気軽にフォローなど。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

帰っちゃいますか?(男子発言ノート20より)
48

大島智衣

好きにならずにいられてよかった

【連載エッセイ】好きにならずにいられる理由を探してホッとしている。好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間―。

コメント3件

なんかキュンキュンします(笑)
キュン力をお持ちですね^ ^
恋愛をしないと、生活や仕事を頑張ろうってなりません。久しぶりに気付きました。ハリがない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。