勝ちたい客と打ちたい客を分けて考えられるホールは強い

勝ちたい客と打ちたい客を分けよう

パチプロと話していると、「クソみたいな店に通う客ってほんとバカだと思う」という話になります。20年以上前から変わらない光景だと思うんですけど、こと勝敗にこだわった場合、勝ちたい客と打ちたい客は厳然として存在する。利口だ馬鹿だという分け方をすると炎上してしまうので、以下のように分けます。

勝ちたい客
パチンコならボーダーを守り、パチスロならば設定を読んだりイベントを狙ったり、様々な工夫をしてトータルの収支をプラスに持っていく客。勝つことを目的とする客。
打ちたい客
負けるのはイヤなのにボーダーを気にせず打ち、隣に甘釘高設定のホールがあっても行かず、ボッタクリ店へのヘイトをまき散らしながら負け続ける客。打つことを目的とする客

これは負ける人をコケにしているのではなく、分かりやすく分類しているだけなのでご容赦下さい。


病的依存の人達は典型的な「打ちたい客」

ギャンブル依存症団体の集会に参加したとき、どんなホールで打っているのかを聞いたんですね。彼らの多くはマルハンを始めとする高稼働店を選んでいました。依存者の一人が打っていたホールは、私も言ったことのあるお店でした。

「○○は釘渋いですよ。あのエリアなら△△で打つ方が負けにくい。海物語や北斗無双だけを打ち続ければ、下手すりゃプラスになります」と伝えました。

この続きをみるには

この続き:2,259文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンを購読すると、異なる切り口のパチンコ業界コラムを1ヶ月で20本以上閲覧できます。バラ売りも予定していますが、月に2本以上読むならば購読の方がお得です。ネットを探せば情報は無料で手に入ると笑っている人は、もはや二週遅れですよ。

2019年5月1日から5月31日までの記事をまとめたマガジンです。記事数は約21本。必殺仕置人や牙狼8の新台レポート、生活苦から始めた...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます。頂戴したサポート金は、次の取材への費用とさせていただきます。

私もスキです
30

ボンペイnote【19年5月号】

2019年5月1日から5月31日までの記事をまとめたマガジンです。記事数は約21本。必殺仕置人や牙狼8の新台レポート、生活苦から始めたレンタカー回送は地方の強豪ホールを探るのに最高だったという話が人気になりました。また、44歳童貞男がなぜかラブホテルの清掃を手伝うことになっ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。