epitaph3

北海道在住。特別支援教育、読書感想など、学びを書き留める。特別支援学校教諭、特別支援教育士。精神疾患のため約1年休職。2019年7月より職場復帰。

1学期が間もなく終わる(190723)

まもなく1学期が終わる。精神的には浮き沈みがあるものの、なんとか一区切りできそうだ。

職場に復帰したのは7月だが、訓練の時期を含めると4月下旬から教室に入っていた。

意識してきたのは、アドラー心理学でいう「課題の分離」であった。アドバイスをしているのに、指摘しているのに、生徒はさらに対応が難しい行動を取る。どうしたらいいのか。そのような悩みを続けるのはなるべくしないように。

提案をするように

もっとみる
今日はオールドファッションにしよう!ヤッホーイ!ありがとうございます。
2

参議院選挙が行われたこと(190722)

朝の会で、昨日選挙があったことを伝えた。18歳になった選挙に行こうとも伝えた。だが、合わせて伝えるべきことがあった。投票率だ。

48.8%。
驚いた。50%を切ったのか。
有権者の2人に1人は投票を棄権したということになる。
この国の政策は、半数程度の人たちの意見は含まれないまま進む。

それにしても投票の棄権というのは、どういうことなのだろう。
あきらめということなのだろうか。
現状維持という

もっとみる
力になります。励みなります。ヤッホーイ。ありがとうございます!
4

かこさとしの絵本三昧(190721)

「かこさとしの世界」「未来のだるまちゃんへ」の2冊を読んだ。NHK日曜美術館やプロフェッショナルも見た。亡くなる直前まで絵本と…子どもとともにいた「かこさとし」を思い出すたび、こみ上げるものがある。

自宅の本棚や図書館から借りてきて、かこさとしの絵本三昧の日曜日。

だるまちゃん、からすのパンやさん、かわ、大仏、万里の長城、はははのはなし…。まずはじっくりと見てみる。

三女が寄ってきた。読み聞

もっとみる
今日は天ぷらにしよう!ヤッホーイ!ありがとうございます。
8

体調と相談しながらも、よい学びをしてきた(190720)

平日は疲れ切っていて、正直土日に研修を入れるのはきつい。今朝体調を何度か確認した上で、研修に参加した。通級指導の実践検討であった。

結果、とても学びのある研修で楽しかった。検査結果、行動観察、実態や課題から、自分ならどんなアプローチを行うか考えることが楽しい。また、小中学校の先生方の話を聞くことで、生活面のこと、生育歴のことなど、僕が見落としていた視点の話を聞くことが楽しい。このような検討会で、

もっとみる
今日はおにぎりにしよう!ヤッホーイ!ありがとうございます。
3

プロジェクトペーパーで宿題を作るのが楽しい(190719)

数学。夏休みの宿題を作る。特別支援学校なので、数学といっても、内容は小学校算数に近い。

パソコンではなく、手書きで作る。

いつもは、マス目ノートを使っていた。だがノートだとB5が多い。A4のマス目ノートはなかなか発見できない。さらにノートはコピーして生徒に配布する時、ノートが曲がってしまう。
だが最近になって、同じマス目でもA4用紙で売っていることを知った。プロジェクトペーパーというこのレポー

もっとみる
今日は焼きそばにしよう!ヤッホーイ!ありがとうございます。
6

救われた(190718)

出勤時から朝の打ち合わせまでは、僕の体はまるでロボットであった。腕が曲がらない。しびれている。声が出ない。とにかく体が重い。もうダメだ…と思った。

だけれども、まずは生徒が僕の体の縛りを解いてくれた。しばらく休んでいたから、声をかけてくれる生徒。途中からではあるが授業に参加したときも、声をかけてくれる生徒が複数。いや、君たち、授業を聞こうね(汗)

若い教師が励ますように声をかけてくれて、他愛の

もっとみる
力になります。励みなります。ヤッホーイ。ありがとうございます!
2