まえがき

はじめまして。熊野 森人(くまの もりひと)と申します。

東京で広告企画、ブランディングの会社を営む傍ら、京都の大学で講師をしています。僕は28歳の頃から京都精華大学という美術大学で非常勤講師をしており、今年で40歳になります。もう少し細かくお伝えすると「デザイン学部ビジュアルデザイン学科デジタルクリエイションコース」(長いですね) というところで、デザインにおける考え方やコミュニケーション、健やかに生きていくための思考方法を教えています。

このnoteでは、新しいものの見方、考え方や、新しい人との接し方、自分との接し方など、じぶんを再発見する為にどんなことを普段授業で話しているのかをご紹介します。また、僕なりの他者とのかかわり合い、自分の頭と心の整理をする為の術も書き記したいと思います。

いつの時代もそうですが、歳を重ねた人と若い人は、分かり合えないと言われています。受けてきた教育、情報、時代が違うので相互理解の接点が少ないのは致し方ないのですが、その上で互いに分かり合えるには、一緒に笑えるには、どうすればいいのかということのヒントに、このnoteがなればと思います。

学生さんにも「今の若者はわからない」とおっしゃる大人の方にも、読んでいただけたら嬉しく思います。

それでは、はじめのお話はこちら



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ♡してくれて、ありがとうございます!
11

「じぶん編集」の授業

美術大学で学生に伝えている、デザインにおける考え方やコミュニケーション、健やかに生きていくための思考方法のまとめ。「じぶん」を再発見する為にどんなことを普段授業でしているかをご紹介します。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。