モノクロの過去を彩るのは


今と未来。

単純なもので今、または未来を良くしようと思いながら楽しく生きてそう実感すると不思議とモノクロな過去は鮮やかに塗り替えられて行く。

誰しも思い出したくない過去とかトラウマはあると思うけれど、何にしろ当時は悪い思い出であってもその分それをバネにして今ある幸福を感じることができる。 

嫌だな嫌だなと思っていたことも結局今が良ければ過去のことは関係ない。けれども今が良いというのは対比として比べるものがあるからで、やっぱり生きていて楽しいことだけでは楽しくない。それは楽しいのか楽しくないのかを決める指針がつくられず楽しいことが楽しいのかさえ分からなくなると思うからだ。

私の心を彩るのは今、進んで行く時間。新しく出会えたものや人から受けとったそれぞれの意志や気持ちで癒されながら生きているような気がする。ゆらめく川の上を漂いながら下って行くように。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

erichompa

23歳/映像とイラスト/内省ノート erika-yamanaka.main.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。