江六前一郎:ichiro erokumae

料理人付き編集者として、レストランの内側から社会との接点を広げて行く。noteはそのためのメディアとして活用します。レストランで働くポップアップ編集室「MAGARI」やU-30限定勉強会「Easy going」を企画。本業では、アート書籍・雑誌を編集・執筆も。元料理王国副編集長。

おいしいを奪うな!~レストランで悲しい気持ちになった話~

先日、あるレストランにいった。そのレストランのシェフは、アルチザン(職人)でありながら、独創的な食材の組み合わせ、旨味の重ね方、五味のバランスに、香りやテクスチ...

20代の料理人が語りあう場所~Easy going~ vol.02の告知も兼ね

モートンズの福田浩二さんと始めたU–30の勉強会「Easy going」を7月末に、5人の若い料理人が集まってくれました。 和食店に勤める料理人が3人、キュイジニエが1人、パ...

全327票126種の世界各国のチーズ。チーズ好きが選ぶガチランキング

フランスからツイート。すべてはここから始まった。 それから9時間後の8月20日午前6時5分、問題のツイートが投稿される。 全327票126種の頂点に立ったチーズは?** ツイ...

MAGARI日誌 vol.02~レストランで週に1回、編集の仕事をしてみた

料理人付き編集者という新しい職業を作りたいと思っていて、何人かの料理人や食のプロの方と一緒にその方法を模索しています。 その取り組みの一つが、レストランを週に一...

料理業界で文章書きたい人向け〜「自分が通う店」について書いてみよう

Twitterで、こんなつぶやきをしたところ、何人かの方から、やってみたいという声をいただいたので、MAGARI編集室の「MAGARI文章講座」として、はじめてみようかなと思って...

「おいしい」のグローバルデザイン

料理人付き編集者として付かせてもらっている「The Burn」(東京・青山一丁目)の米澤文雄さんのFacebookで、彼が関わっている「キープ・ママ・スマイリング」のクラウドフ...