esportsってなんだ!?

esportsという言葉が本当に去年一年で世の中的に良く言われるようになった。友人と飲む機会があると必ずと言っていいほど

「esports関連の仕事してるんだよね?時代の最先端だね!」

なんて良く言われたりしました。

ただそのほとんどの人がesportsの全体像をとらえている人はほとんどいない。なんかゲームして高収入を得るひとがいるみたいな?オリンピックとかになるかもしれないらしい?とか断片的な情報だけがみんなの頭上を飛び交っている。

ゲーム業界にいる人たちだって理解できている人は本当に一握りなので、一般の人では無理もない。

なんでこんな流行語にもなるくらいなのに、把握している人が少ないかと言うとこれはもうほんと単純な話で「esports」という言葉自体に実態はないからだと私は思っている。

私がもし「esportsってなに?」と聞かれたら一言こう答えることにしている。

「esportsはジャンル名です」と

さらに相手がゲームの開発に携わっている人であれば

「アジャイルと似たようなもんです。似たようなものを集めて分かりやすくカテゴライズしてものです」と

さらに相手がスキーやスノボ、スケートボードが好きな人なら

「XGamesとおんなじです。一つ一つはマイナーな競技だけどそれをひっくるめてXGamesと総称して多くの人に観てもらえるようにしているでしょ」と

esportsタイトルと一般的に言われているLoLやストリートファイター、クラッシュロワイヤル、FPS系のゲームやデジタルカードゲームなどなど、どれもカリスマ的プレイヤーと熱狂的なファンやがいるものの世の中的にはやっぱり市民権を得ていない。(特に日本では)

一つ一つはまだ影響力が低いゲームが、一つにまとまってesportsという冠をつけることで「なんか盛り上がってる感」がようやく世の中に伝わっているというのが今の現状だと思っています。(実際に盛り上がってはいるんですよ)

各ゲームタイトルごとにどういったことがesportsっぽいこと起こっているのかについてはまだ後々書いていければと思っています。

とにもかくにもesportsという言葉には色んな意味合いが含まれています。だってジャンル名なんだから!麺料理と一口で言っても、ラーメンやパスタ、うどん、そば、ソーメン、フォー、ビーフン、春雨、低糖質麺と色々あるじゃないですか!!それと同じです!

やや強引な締めとなりましたが、そういったesportsの色んな側面について今後は記事にしていきたいと思います。もし良ければ異論、反論、などなどお寄せいただければと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!次回もぜひ読んでください!
7

VANVAN

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。