疲れ

iPhoneを水没させてしまった。

最近はtwitterやinstagramを見るのが日課というかもはや依存に近い状態になっていたので、
八百万の中でも携帯を主に司る神様が「お前、ちょっと」と猶予を与えてくれたのかもしれない。

主に友人とのやりとりや自分の行き場のない気持ちを吐露するツールではあるけれども、
特にtwitterは自分の中では本当に疲れるアイテムになってしまった。

「見張られてる」感が特段あるように感じるし、実際に人からそういったことを直接言われたことがある。

私のtwitterを開き、ひとつひとつの呟きを表示し、ここはこう、ここはこうやった方が、と赤ペン先生のような添削を受けたり、
この人とはよくやりとりしてるよね、などと気付いたことをご教示していただいたこともあった。

その時は受け流したが、後になってじわじわと憤りが出てきている。
全世界に向けて発信しているツールで「見るな」と思うのは無茶だけども、
人によって見て欲しくないという感情は正直、ある。
無論、そういった人間関係を築いてしまう自分自身に問題があるけれど。

多分、自分が好意を抱いている人にそういうことをされると嬉しく感じるはずなんだけど
何かをされて相手に嫌悪感をまず抱くというのはそもそもそういうことなんだよな。

八百万の中でも「虚無」を司る神様にお会いしてみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

eton

*・゜゚・*:.。..。.'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。