見出し画像

【自分を整理】独立して今何をしているのか

2018.6.30 前職を退職
その会社には大学時代からお世話になり、アルバイトは4年間、正規職員として3年間勤めた。

色々考えたし、もちろん長く関わってきたコミュニティを離れることに葛藤はあったが、独立した。

退職してそろそろ1年が経とうとしているので、現在(2019.4.16時点)どんな仕事をしているのかを少しまとめておきたい。

◼️仙台のゲストハウス Hostel KIKOのマネージャー

退職理由として一番大きかったのは、「将来ゲストハウスを作りたい」という自分の夢を叶えたいと思っていたから。現在では、マネージャーとしてゲストハウス作りを通したまちづくりや場づくりにも貢献できているので結構満足している。僕の収入の大部分がこちらに依存。

立ち上げの途中から関わり、ゲストハウスのマニュアル整備、リクルーティング、スタッフマネジメント、イベント企画と運営、HP管理、WEB記事のディレクション、まちあるきツアーの企画・運営、その他通常業務などを主な業務としている。

1、多国籍のコミュニティの中で、うまく人と人を繋げて巻き込んでいき、新たなムーブメントを起こせること。

2、ゲストハウスを旅の拠点として地元に根付かせるために、町や商店街と密接に関わっていくこと。そして観光情報発信地であること。

3、自分の得意分野、好きなことを突き詰め、それを活かして貢献すること。また、1つ上のステップへの挑戦ができること。

結構面白いし楽しいんだわこれが。


余談ですが、『KIKO』の意味は『まぬけなひと』という意味の造語です。完璧である必要はない。まぬけなくらいがちょうどいい。ミスを許しあえる関係性。そんな意味です。


◼️WACO CREATE

実は一応、屋号持ってます笑 個人事業主になる際にせっかくならと嫁と一緒に考えて、自分が目指したい先を定義しました。やりたいのは『わくわくするものをみんなで一緒に作っていく』ということ。

将来的にはグラフィック、コンテンツ、イベント、コミュニティなど想像できる全ての範囲をカバーしたい。(もちろん僕ら夫婦2人ではできないから、気の合う仲間を巻き込んでやるけど)

現在は下記の内容で分担してそれぞれスキルの基盤づくりをしつつ、実際に仕事を受注しております。

僕:ビデオエディット&ディレクション、コミュニティデザイン、WEBデザイン&コーディング

嫁:WEBライティング、フォト&ビデオ撮影

とはいえ安定化するにはまだまだ。ここでしっかりと収入が得れるようになれば、僕ら夫婦がやりたいことができます。

◼️夫婦で活動プロジェクト

夫婦orカップルで活動する機会を創出し、人生を愉しめるようにする、という目標を掲げ、いくつかプロジェクトを走らせている。ここに収益は発生していない。とはいえこの活動が将来的に僕たち夫婦の活動の根幹になるような気がしている。

なぜこういう活動をしているのか。それは、夫婦って最高のチームなのになんで一緒に仕事しないんだろう?と思ったから。

夫婦の良さというのは、お互いの長所や短所をうまくカバーできるところであり、そして、長い時間一緒にいることが多いので、阿吽の呼吸で他の人よりも多くのことを共有できること。

そんな最高のチームなら、社会に対しても何か価値を作れるんじゃないか?と思ったので、今は僕ら夫婦ともう2組仲のいいカップルと一緒に無理のない範囲で一緒に活動している。


1、夫婦でWEBメディアの運営
Happy New Life. というWEBメディアを運営しています。具体的には、夫婦の生活や趣味、恋愛に関するお役立ち情報、また夫婦でフリーランス活動をするためのハウツーなどを発信。

元々はグーグルアドセンスの広告収入と夫婦の生活に役立つ商品やサービスのアフィリエイトで稼ごうと考えていたが、まあそんな甘い話でもなく笑

2、1ヶ月1プロジェクト
これはとある仲の良い『ほぴつる』というカップルと一緒にやっていること。

4月は「付き合いたてだけど遠距離のカップル向けうまく付きあうためのハウツーまとめ」を作る。まずは軽いところからということで、週に1回2時間くらい活動するペースでやっている。みんなバラバラなので、ZOOMというWEB会議システムを使用している。(回線が安定してて使いやすい)


WEBライティングのスキルは今後の社会人生活でも絶対役に立つと考えているので、僕ら夫婦の経験と知識でもって、彼らが書いた記事をリライトして能力の向上に努めている。

将来的には複合的なスキルを掛け合わせて、生まれ故郷である東北地方に何かインパクトの残せるクリエイティブな活動を一緒にしたいなあーと考えている。

その他
活動次第随時更新していく。


結び

会社を退職してから1年弱。お金の余裕はないけど、ポジティブに考えると、今の僕のスキルセットで、一緒に働こうと求められている場所があるのはとてもありがたいこと。フリーランスになって初めて、ぼくが作り出す価値に対してお金をいただけることに感謝している。

そして、これからどのような働き方をしていくのか、それについて、実は明確な見通しを持っている。

まずは2019年。あらゆる活動をビデオグラファーとしての自分の仕事に繋げていき、スキルを高めていく。合わせてWEBサイトのコーディングのスキルを高めていき、仕事を取りに行く。ここで生活費を賄えるようにする。

そうすればあとは自分たち夫婦がやりたいことをできる。

本当にできるのか、不安な気持ちはあるが、やるべきことが決まっているなら、あとはやるだけ。シンプル。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

いわむー|東北拠点の動画クリエイター

「想いを一緒に形にする」「東北でもっと面白く」を軸に様々な活動してます。興味ある方Twitter(https://twitter.com/Etupirikazuyan)フォローしてね!仙台のゲストハウス KIKOのマネージャー、動画制作、YouTube・VLOGの動画編集など

フリーランスで仕事を作る軌跡

2018.7.1から独立してフリーランスの仕事を開始。その時、個人の知名度を全く持たなかった自分が、どのようなことを考え、またどのようにして仕事を掴んで来たのか、またどんな苦労をしてきたのかをまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。