見出し画像

中学・高校の時の夢

私は英語が大好きで、通訳さんかCAさんになりたかった。高校も英語に特化したカリキュラムがあるところに行き、成績も悪くなかった。

しかし、ひとつだけ進路に関しては問題があった。家が片親で、やっとやっと生活しているのを見ていた。母を苦労させてまで希望することはできないと思った。きっと親にやりたいことを言えば、応援してくれただろう。でも、長女の私は母親に学校のホームステイのカリキュラムに参加したいことも言えず、せっかく学ぶ場があったのに逃してしまっていた。

大学に行けるのもありがたいこと。祖父母がたくさんのお金を出してくれて、大学に進学出来た。仕送りはなかった。仕送りしてもらえるなんて初めから期待していなかったから、当たり前のようにアルバイトをたくさんして、自分で生活していた。今思えば、貴重な時間がもったいなかったとも思う。もっと自分の将来のために使えばよかったのに。だけど、あの時の自分は、学校とアルバイト生活の繰り返しに何の疑いもなく、与えられた学びをこなし、資格を取り、またまたなんの疑いもなく資格を活かした就職をした。

本当の自分が、心の底から望んでいる将来のことなんて考えている暇などなかったし、いつの間にか、通訳になりたかった自分、CAさんになりたかった自分のことも、忘れてしまっていた。

というか、望むことすらしなくなってしまった。

自分のことを、諦めていた。

でも、ひとつだけ誇りたいことがある。

大学の英語のクラスはいつも5クラス中1番上のクラスだった。専攻は英語は使わない学部学科だったけど、やっぱり英語が好きだし得意だった。

相変わらず親には遠慮して、留学や海外で計画されていた勉強に行きたいとは言えなかったけれど。

大学という人生の夏休みに、どうして海外に勉強に行かなかったのか、、社会人になって時間が一番欲しい今、本当に後悔している。

まあ、あの時の経験があるからこそ、今必死に自分の人生について考えられているのかもしれないけれど(遅い)

大学卒業してから、当時付き合っていた人と結婚目前!ってことになったことがあったけれど、婚約破棄になった。(当時は泥のように落ち込んだ)

でも、結婚していたら留学どころか自分の好きなこともわからないまま、若い夫婦共働きで子ども中心の生活をしていたんだろうな。それはそれで恐ろしい。

人生にはベストタイミングがある!というけれど、今私は「留学したい!!」と心から望み生活している。

次の記事では、私の今のライフスタイルと仕事、そして、どうして英語を本気でやりたいと思ったのか、どうして留学したいのかを記していきたいと思います。


お読みいただきありがとうございました。

少しでも共感したり、心に残ったことがあったら、 ♡ やコメントを残していただけると励みになります。

同じく留学希望している人とも交流・情報交換できたら嬉しいです。

ではまた次回のnoteでお会いしましょう!

yukari.



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

留学資金に充てさせていただきます!

よかったらコメントも待ってます♡
6
東北生まれ、東京一人暮らし。ハワイ留学を目指しています。ハワイのこと、英語勉強のこと、将来の夢や目標。仕事やライフスタイル。全てありのままに記録していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。