ハバロフスク 招聘子1との結果

あんまこういう書き方してもアレだけど、振り返って、ちょっと整理したい。

招聘前
ハバロフスク出身、離婚歴あり、中国で英語教師している。某相談所で出会う。その時は一番手の女性だった。(というかその人ぐらいしかまともなのいかかった)英語の資格もっているといっているけど、英語はアクセントがなまっていて下手。A型でかなりキチッとはしている。

3年半前ぐらいにあっていて彼女に会いに中国にいったこともある(これはまたいつか言いますが割とさんざんな思い出)。やり直せるかなと思ったんです。

なんとなく、その後insta交換してて、いい感じにみえたのと、招聘に乗ってきてくれたから。招聘子2があまりこられないのと招聘子2はロシア語しか話せずなんか不安だったので、その間をうまく埋めれる都合と、婚活ポートフォリオのために招聘してしまった。

ビザかチケットを取ったかとるぐらいのあとに彼女とSkypeをした際に、彼女を久しぶりに見たら、あれこんなに外パブ嬢っぽかったけなというのと会話をしていて、あ、この人外パブでの来歴あるなと途中で気づいたりして(なぜ気づかなかったのか不明)、チケットとるときも少しまよった。

でも、過去は過去、今回を頑張ろうと思った。

が、招聘前に忙しいときに自分のことをあんまり心配してくれなかったり等は懸念だった。。

招聘子2よりしっかりしているけど、人に対するケアという概念が欠けているように思えた。気の強い子だとは思うが、その割には持ち金がゼロ。持ち金ゼロで招聘したのはあなただとずっと主張してて、それに反論できなかったけど、普通に考えて、完全に他国に持ち金ゼロで来るのは無計画だと思う。(途中で理由もあってビザのために送ったお金では足りなかったらしいとかなんとか言っていたけど)

ロシア⇔中国のいったりきたりも自分には十分に説明がなくて(説明しづらい状況だったんだろうけど)よくわからないけど中国から招聘。

資格を取ったばかりだったりマンションが色々あったりしたのはわかるが、貯金ゼロにはそれでもならないように思う。。(今後、招聘子2との比較をしたい)

今思ったのは中国への渡航費用でなくなったのかもしれない。ギリギリの生活に思えるけど、そこは仕方ないのかな。。そのあたりは彼女の自立心があるところなのかもしれない。

とはいえ僕に対しては、別に金がないならないなりに、親切心等は人一倍あればうれしいけど、そうではなくてクールキャラ... 彼女なりの一貫性があったのだとは思うが。そういえば、前もここでケンカしてたな。なんで招聘したんだってことになるな..

自分は働き終わるのが28日だと言っているのに、27日から来たいということで不要なケンカはしたくないし、チケットも安かろうと思って27日にした。ちょっと不信感があった。何のためにこの人日本来ているの?みたいな。

自分がしっかしりしているアピールをたくさんしてきたので、そのあたりは矛盾している。

正直ずっとこの問題で終始したように思う。

27日 招聘初日。羽田から横浜まで来てもらう。最終出社日の前のレビューが立て込んで遅刻。タクシーで送り届けて寿町へ。石川長と書いているけど実際は寿町。なので速攻で融通が取れた。

その寿町のホステルがまさかの予約漏れ(向こうのガチミス)。焦るがなんとかチェックイン。外人がいて英語うまいなぁと思う。それに比べてこの子は... こういうことを考え過ぎたね..

部屋はエスカレーターがなくて、wifiが飛んでいない..

寿町はさすがにやりすぎたけど、これも、いろいろ急いで探してできたベストエフォート。。これ以上は無理。1万わたしたら謝謝って言われて、しょうがないけどちょっとイラっとする。タクシーで戻る。

自分は彼女にこうしてほしいというのが強すぎたかもしれない。二人も招聘するというようなこともしており、お金の制限もあたまにあった。

仕事が終わったので、SIMカード買いに行く。2件回って見つける。飯をヨドバシ横浜で食う。この間に駐禁きられるorz この際にずっとSIMの装着に執心しておられた。飯をおごったときにもSIMを買ったときにもthank you はなかった。(この理由はあとでわかる)

 一人で寝たいとのことでぐったりしながら帰る。ここは正直向こうが正しいと思う。一緒に寝たいなぁとかそういうのはダメ(セックスという意味というよりは少ない時間をお互い時間を共有したい、仕事を帰ってするのが辛い..)

寝れなかったことでのイライラはあると思う。(セックスというのはなくても早めに体の関係になりたいというのはあった)ただ、ワシのこの一日とかそえれまでの心配のなさとか身勝手に思えて、すごいイラっとしたのを思う。この人の帰りのチケットをキャンセルしてやろうかと電話した。

彼女からすると異国にきてwifi無いし、仕事の連絡しないといけないしということだったのかもしれない。

これは完全に俺が悪い。

というか余裕なかったね。好きという感情が足りなかったね。


28日   

彼女は親戚のうちにサプライズであそびにいってて、夜、桜木町で集合

仕事をなんとか納めて、飲み屋につれていくと、親戚からオススメのレストランがあるとかメッセージ来てた。この親戚、申し訳ないけど、めんどいなぁと思った。じゃぁ金はらってよって思う。いうことだけいうのは楽ですよ..(これよくないけどこの親戚には借りが俺はあるという背景があります)

 飲み屋で見せてもらった、写真でみた子供と遊んでいる姿はよかった。色々話す、彼氏がいたのかとか普通のアイスブレイク。

ここで問題発覚。なんやら中国での仕事が見つかってなくて、1週間遅らせてほしいとのこと。いい仕事をもらえたけど、それまでの滞在を工面しないといけない。親戚のうちにとまるから、チケットだけはとってくれ。

チケットは変更きかないと思うよ。ってか疲れてて気の乗らない返事だけしたのを覚えている。

夕飯のあとも特にthank you なかったよ.. いま思い出したけど。別に毎回いわなくてもいいけど。俺は絶対言うけどな..

いったん部屋に帰って、荷物おいて、でも泊まらせてくれない。仕方なし。
キスだけする。

スケジュールが決まっていないと動きづらい性格だと打ち明けられた。確かに自分はランダムにスケジュールを組んでいた(年末だしね、忙しかったしね)。それが向こうの不満になったらしい。自分の性分がそもそもランダムにspontaneousに動きたいタイプだったりする...それを楽しめるのがいい。。。これは俺のエゴ

29日 朝起きてしまって、掃除して、疲れてしまって、9時にあうというのを10時にしてもらい、いろいろやっていたらかなり遅れてしまった。

これは彼女的には朝颯爽とコーヒー片手に現れてほしかったらしい。オンタイムで。

彼女が正しいと思うが、遅れた原因は仕事が忙しくて家がグチャグチャになっていたのを、どこかで大掃除しないとなというのもあった。彼女が早くきたからその時間もなかったし..彼女のチケットをどうしようかもチェックしてたし.. 

2部屋で生活する、行き来するというのに慣れてなかったし、彼女に鍵のストラップを渡した影響で、鍵が一瞬どこかになくなって探していたから..

ここはロシア人の性格なのだと思うのだけれど、かなり一方的に相手を攻めたてる人がいる。その勝気なのか自分を客観的に見れないのかは不明だが、今回ウラジオに行って後者なのではないかと思っている。ロシア人は本来優しい。。

異国の地とはいえ日本に3度きているのだからそれなりに放置しても動けるんじゃないのというか..親戚には会いに行っとるやんとか..


その後、東京に行くことにする。

渋谷(寿司)→東京(皇居)→秋葉原(ユニクロ)→汐留のモニュメント。彼女のほうがしばしば道があっていてドヤ顔されたように思う。ちょっとよくわからななくて、日本をよく知っているのか、知っていないのか。

東京はよくわからないらしくてガイド。

ただ、ここでも一切thank you を言っていなくて、写真をパシャパシャとっているで、東京駅で歩きながら、今回は俺が旅費もつっていったけどありがとうはいうべきだよと言った。

そうすると、私はそんな人じゃない。いつも言っているはずだと言っていた。ロシアではそういうのは大変な非礼にあたるといっていた。(でも一切言ってないよ..ミスだったらみとめて謝ろうね..)


あと、いったん言い出したことは完結しろとのこと。まぁ、何も無神経に言うのであればそりゃ完結できるけどさ..

汐留で軽く飲みに入ったところでお互いの言いたいことを言い出した。向こうの言い分は、正確に行動したい、organizedに行動したい、チケットを昨日なんとかするっていってたのに、二言目でまだとってないとかいうのが気に入らないとのこと。正直チケット買ってくれるって言ってすぐに買うかどうかはさすがに待ってくれよと。

じゃあ自分でチケットを買うのかと携帯をチェックしていて、険悪に。
もうここでバイバイしようかなと思ったが。

自分じゃ、買えないということで、しょうがないから購入。

感謝はしていた。激論をしまくったので、一応お互いのことは知り合えたように思えた。

deductionをしろとのこと。語彙が思い浮かんでこなかったようだが、正直この子の英語はどこまで理解しているのか不明で、確認しながらやっていた。

僕より下手なのは確実で、どうやって英語教師できているのかって前もメッセージしたことあった。これも向こうは相当イラっとしたらしい。会話の合間に入る不自然なseriouslyが変だよっていったら、それがあなたになんの迷惑になる?みたいに言われて、まぁなんかそんな感じ..

東京から家に帰る際泊まりたいといったら、私のex husbandと私は寝るのに3か月かかったとか言っており、俺お前と3年会ってるぞって思ってしまった。

結局部屋で一緒に寝ただけだが、別に満足している。お互いいいたいことを言い合って理解した。この日に関しては。

30日 招聘子1は親戚の家にいくとのこと。しょうがないけど。僕は友達に会いに行ったり、今の状況を勝手知っている人に説明したりして下記のアドバイスをもらう。これはほんとそうだな。

結婚のための招聘なら

・体の関係を求めすぎない
・あくまでホストに徹する

など確かにそのほうがよいなぁと思った。この際に招聘子2への教訓にしたい。正直この子は中国で一度あっているんだけどね.. 

ここから、完全に自分のミスなのだが、この際にwhatsappをゴニョゴニョしてたら、向こうの返信を見れなくなってしまって、彼女からいつ帰ってくるのかというのに返信がないように思っていた。彼女は帰る気だったみたい。申し訳ない。

返信されてないと思ってやけ酒。渋谷でまた人にあって、さらにかなり長く続いているアメリカ子を呼び出して家で映画を一緒にみた。勝手知ったる女性と比較をしてみたかったんやぁ..

人にもよるけどやっぱアメリカ子はまったりしていて、特にイライラすることもなく解散。この子が結婚後、子供つくっていいっていってくれたらなぁ..

seriouslyって変じゃない?って聞いたところやっぱ変てこと。actuallyはおかしくない。英語が変だと気をつかうけど、アメリカ子には気を使わないでよい..

正直だれかとあったり、相談するのはほんと大事。正気になれる。

で寝た。

31日 

横浜待ち合わせで、これまた、僕のクセでギリギリまで、招聘子2のチケットをとっていて、少し遅刻。これがまたむかついたららしい。

これは前もむかつかれたことがある。ロシア人はlazyというけど、自分のほうが待ち合わせに遅刻したりしていて、キレられるパターン。ロシア人は意外とpunctualです。本当にそう思います。

これは完全に自分が悪い。申し訳ない。

その後、横浜駅でコートを買った。寒かったらしい。

uniqloいって無印いって、昨日親戚と見たときに気に入ったコートが欲しいとのこと。この際にまた、もめる。自分がちょっと色々トラブっていたのだけど、そこにはあんまり大丈夫とかなくて、携帯カチカチしてたから。

イラついているのをみて、思いついたかのように髪切ったんだっけ?(昨日切っていた)等。まぁ仕方ない。

コートが普通に安くて、安心。買ったらとても暖かいとのこと。これも俺がわるかったのかもしれない。

ケーキかって、みなとみらいー山下公園ー赤レンガ散歩。そして桜木町のhubへ。

ここでまた激論やね... 

とにかくorganizedじゃないことがむかついたみたい。俺はすくなくとも仕事が忙しいなかでチケット、宿のブッキング(これだけでもそれなりにすごいギリギリだった)最低限のことは果たしていると言ったし、organizedじゃないというなら残金ゼロなあなたもじゃんといった。

それがカチンと来たみたい。私の親戚夫婦は招聘時になんでもしてあげた。忙しかったけど、on timeでディズニーいって、いろいろやったんだと。

あなたはカネカネだねと。いや、カネ含めての招聘で共同生活できるかみたいんやと言った。本当に自分がこの人好きだったらそういうことやったわなとは思った。というかこういう問題は起きないと思う。

確かにあなたのことそんなに好きじゃないっすわ。

さらに、その際に、中国の思い出がよみがえってきてしまった。そのとき俺は最終日カードがなぜか壊れてめちゃくちゃ焦っていた。彼女はあんまり気にかけず、お金は貸してくれなかった。そうとうギリギリで回避したんだけど、そういうあなたも異国の地で協力しなかったじゃないかと言ったら、そういう話は聞いていないとのこと。

ってことで、ガッツリバイバイした。その後渋谷にいきカウントダウン。
申し訳ないとは思うけど、もう知らんがなと。俺は俺での人生を送る。

happy new yearとメッセージが来ていた。

1日

やっぱ、シーンとした街で、いろいろ考えていたら、話し合ったほうがいいかなと思ってメッセージ。

もう、宿にはいないのかなと思ったらいるようで、宿ではなしあおうということで、宿に色々食材買って、急いでタクシーで、やっぱon timeにはならず... 

険悪な雰囲気で話し合いにならず、あなたがこういう感じだったらこなかったらよかったといわれた。で、俺はこの言い方は言われたら切り返すようなことがいっぱいあったからそれを切り返した。

・そもそも今回はどっちが悪いとか言いっこなし。初めてならまだしも、それなりにinstaとったり、whatsappやったり親戚に会えているのに全部自分に責任を取らせるな

・共同責任で今回は確実に最低限、それ以上の金銭的責務は果たしている

・やっぱりおごったときにthank you を言わなかったし、それを途中で認めなかったことは気になっている。

で最後を言ったら、あなたとの会話はすべてレコードしてないといけないね、とかいってきたので、そうだね、しておくべきだねとか言って収拾つかず。

2日、3日 

人気のない街で正月ボケから、紅白みたり、いろいろやって、完全に自分を取り戻した。向こうにも悪いことをしたと思うけど。なんだか無理だ。


まとめとしては、結局これまでの火種が火を噴いた。なんとなく話し合いでなんとかなるような気配もなくて、無理だからあきらめた。というのが最終的な話。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。