唯一無二を探す旅をしている

結局それしかない。才能や、この人しかいないという精神性に惚れ込んで、本気でその唯一無二性を愛でて伸ばしたい。

それができればレールから外れることができる。誰もが持っている動物的な欲望を満たすために動くとかやってても虚しいだけだしな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

にし

唯一無二性

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。