見出し画像

ゴミ屋敷に住んでた自分が毎日掃除するようになった話


子供の頃、親に掃除をしろ、と何度も言われ続けてきたので、掃除をするのが嫌いでした。掃除=やらなきゃなんないもの、めんどくさいものというイメージがついていたのだと思います。


そのまま育って大学生になって一人暮らしを始めたものの、掃除が嫌いだったのでちょっとしたゴミ屋敷に住んでいました。


ところが大学2年の時、ある人に「自分の部屋の状態と精神状態はリンクしてるんだよ、だから部屋が汚れていたり散らかっていたりすると、心も乱れやすいんだ」とか、「部屋に余計なものが多いと、人生の物事の流れが滞りやすいんだよ」と言われ、なんだか怪しいなと思いつつ、まぁ試しにやってみるかと思い、大掃除をしました。そしたら大き目のビニール袋10袋分以上のゴミが出て大変だったのですが、実際だいぶ気持ちもスッキリして、物事の流れもだいぶスムーズになったような気がしました。部屋が整理されたことで、頭も整理されたのかもしれません。


そこからちょっとずつちょっとずつ掃除や断捨離が好きになり、8年経った今では毎日(洗濯や茶碗洗い以外に)10分以上は掃除するようになりました。


毎日掃除することのメリットを上げると、

・虫が出にくくなる(ここ数年ゴキブリを見ていない)
・気持ちがすっきりし、落ち着きやすくなる
・イライラやネガティブな感情に引っ張られることが少なくなる
・ 気持ちがすっきりするので、判断ミス少なくなり判断力が上がる
・結果的に物事の流れもスムーズになる

といったところでしょうか。


1日10分でも、1ヶ月やれば5時間以上やったことになるので、かなり綺麗な状態をキープできます 。お試しあれ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。もし有益だと思って頂けたら、サポートもしくはシェアして頂けるととても嬉しいです。

7

石井宏明

AIエンジニアになるために勉強中。フリースクール、オルタナティブスクール、サッカー、フットサル、漫画、バシャール、フリーエネルギーなども興味あり。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。