LOG Vol.01 - 20171123

だんごむしと夜のきりん

皮膚だから剥がしてみたらほらあらわ
うつくしいかんばせひとつだけなのね
シリアスに打ち明けられてスプーン曲げ
スカートを折り曲げていたころからよ
砂時計くびれが折れてしまったの
回転をはぐれてやすむ山手線
死にたいと言えないでいる夜のきりん
背が伸びたわねえよごれた血とパンツ
おっぱいは大きくなって黙秘します
脇のしたで水銀の群れは眠るのか
加害者の皮膚を纏えば安堵する
丸まるとしずかなここちだんごむし
振り上げて下ろさないまま旗を振る
耳ちかく火花はずっと散ってない
恍惚の検品すべてながれぼし



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

平田有

宇宙から帰還したのち人類は踊ってでたらめに通じあう

LOG - Paper Archives

イベントで配布したペーパーのアーカイブです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。