人生のステージ

※こちらのnoteは単品購入も可能ですが「月刊 京都暮らしの編集室」をご登録いただくほうがお得です〜。

------

今、自分がいるステージが変わると
付き合う人が変わるということを
ときどき聞いたりする。

学生時代、あんなに仲の良かった友達とも
社会人になったら何となく疎遠になったりして。

すごく分かりやすいのが、
子どもができてからだ。
あきらかに付き合う人が変わった。
フットワークの軽い独身の人と
私はあまり会えなくなり、
そして逆に
子どもを持つ働くお母さんたちと
たくさん出会えた。

仲の良かった人と離れることは
ちょっと寂しく思うときもあるけど、
離れる人がいるということは
また新しい人と出会うということだ。

でも離れる最後の方は、その友達とは
すっかり話も合わなくなっているし
見ている世界も違うなぁって思うし、
話していても
特に楽しくないと思ったりしているから
まぁ、しょうがないと思ったりもして。

この続きをみるには

この続き:807文字
記事を購入する

人生のステージ

ライター 江角悠子

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ 読んでいただき、ありがとうございます / みなさんのサポートが、とても励みになっています!! 必ずお返事します〜!

私もスキ♡です!わーい!
6

京都くらしの編集室

京都に住むフリーライター江角悠子の日々のつれづれを記録していきます。日々考えたことや人生の気付き、仕事についてのメモ。ブログには書けない本音をつづっています。購読初月は無料です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。