ファジスキー

百合は癒し

長崎戦の備忘録

スタメン

前半

 スタメン図で見てもわかる通り、442同士システムが噛み合ってしまっている両者。こういう時の立ち上がりは、得てしてシンプルなロングボールの蹴り合いからセカンドボールをどちらが拾えるかという主導権の握り合いとなることが多い。この試合もそんな立ち上がりとなったのだが、立ち上がり15分の主導権を握ったのは岡山だった。岡山はセカンドボールを回収してのカウンターや高い位置でセットプレーを

もっとみる

愛媛戦の備忘録

スタメン

前半

 岡山はキックオフ早々のファーストプレー、ジョンウォンからヨンジェをターゲットにしたロングボール、そのセカンドボールを回収しての二次攻撃から仲間のシュートで愛媛ゴールを脅かす。立ち上がりの岡山は最終ラインやCHから、ダイレクトに前線(特に中野)を愛媛のサイドCB脇に走らせるロングボールを多用する形を取っていた。

 岡山はサイド奥へのロングボールで前線と愛媛最終ラインの選手が競

もっとみる

栃木戦の備忘録

スタメン

前半

 相手のシステムにマッチアップさせることの多い田坂監督の栃木だが、この試合は442の岡山に対して3421でスタートした。狙いとしては守備時には541のブロックを敷いてまずは失点しない、ということを最優先にゲームを運びたいということなのだろう。実際前半の栃木は、岡山が自陣深く(ゾーン1)でバックパスをしたときにイレジュンや西谷が詰めに出るシーンもあるにはあったが、基本はハーフライ

もっとみる

琉球戦の備忘録

スタメン

前半

 キックオフ直後から攻勢を強めるのはアウェーの琉球だった。風上という勢いの余勢を駆って岡山を押し込む形を何度も作る。もっとも琉球はロングボール主体のチームではないのであまり風の影響はないのかもしれないが。ちなみに風上よりは風下の方が、放り込みで押し込むには向いていると個人的には思う。守備側が落下点を読み違えやすい、という個人の経験から。閑話休題。

 琉球の攻撃は、SBの西岡と

もっとみる

京都戦の備忘録

スタメン

前半

 岡山はヨンジェへのロングボールから起点を作ろうとする形を2度見せて、試合の入りそのものは悪くなかったが、立ち上がりの4分に石櫃のFKから先制を許してしまう。またもセットプレーから失点をしてしまった岡山。それ以降は京都のペースが続くようになる。そんな京都はマンチェスターシティを相当フォローしているようなチームに感じられた。

 京都は後方からポゼッションによるビルドアップを進め

もっとみる