過去からのラブコール的な。

なんだか最近、過去のコミュニティの人から連絡が来ることが増えた。

前の会社の人とか、大学時代の後輩とか。なんかなつかしい人たち。

俺が書いてる記事を読んで連絡をくれた人もいれば、ふと思い立って連絡をくれた人もいるんだけど、総じてみんな数年単位で会ってない人ばかりだ。


で、なんかタイムカプセルみたいで面白いの。

俺の記憶ではハタチそこそこの大学の後輩の女の子もめっきりアラサーで、結婚どうするみたいな話をしてたり。あるいはもう子育てしてたり。

前の会社の同期や大学の後輩で遊び仲間だった奴も結婚して、ちゃんと(かは分からんが)旦那さんをやったりしてて。

ひとことで言うと「それなりに歳とったなー」になってしまうのだけど、会っていなかった頃の人に数年ぶりに会うと、空白だった期間が一気に解凍されて、その間にあったその人の話を聞くとめちゃくちゃ面白い。


幼馴染は昔の印象で過小評価しがち…なんてよく言うけど、変わらない人はいないし、同時に変わっているようで変わっていなかったりして、なんかすごく良い。

男子だけでなく、人って数年会わなければ刮目すべきなんだなーと思う。


それにしてもコンスタントに色んな人と交流をし続ける人って、自分はできないから純粋にすごいなーと感じる。

本当は数年単位で空白をつくるようなことをせずに、定期的に会った方がいいんだろうけど、なんかそういうのが昔から出来ない。

その人が好きな人で、はやく会いたいなーと思ってるのに、あっという間に半年が経って、油断をすると数年経ってしまってたりする。


でも、なんて言うんですか。だいぶ会ってないのに「会おうよ!」って盛り上がって、数日内に会っちゃってる、予定を調整する億劫さとか年月を飛び超えるようなスピード感、あれすごい好きなんだよな。

なんか昔馴染みの人に会うシーズンは、もう少し続きそうな予感。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

たまにサポートをもらえると筆不精なので、書くモチベーションが出ます。妻となにか美味しいもの食べに行かせてもらいます。

7

日常で思ったこと(無料)

無料の記事を集めたマガジンになります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。