見出し画像

素敵なものが欲しいけど、あんまり売ってないから、好きな歌を歌う。

この歌詞はイエモンの『JAM』という曲の一節で、ある種の真実を切り取った凄まじく素敵なフレーズだなぁと思う。さて、俺は物欲が激しい。

最近では余計なものを持たない・買わないようにしているので買う量自体は減ったけれど、欲しくなると止まらなくなる。一日中考えて、夜に寝る時も考えて、恋い焦がれるのである。盲目的で夜は短し、走れよ乙女状態である。

「欲しいもの」というのはある日、突然ポコっと眼前に浮かび上がる。今まで意識もしてなかった部分に意識の焦点が当てられ、自分の感情にピタリとくるピースを探し求めるようなあの感覚。半端じゃなくときめく瞬間でもあり、しばらくはそのことしか考えられなくなる。

ということで、今回の対象はメガネだった。7年ほど前に買ったMASAKI MATSUSHIMAに完全に飽きてしまい、ここ数年は購入価格を忘れたかのようなひどい扱いをしていたのだけど、今一度愛せるものが欲しくなってしまったのだ。普段、コンタクト派の人間としてメガネを冷遇しており「まぁ、使えるからそのままでいいや」というノリで放置していたからだ。だって家でしか掛けないのだもの。

なぜか意識の焦点がメガネに当たるようになってからは調べまくった。アイウェアもこだわる人はかなりこだわる界隈だ。奥が深い。フォーナインズは今更である。アランミクリはイマイチ自分にはときめかない。ひと通り調べて網羅することで一周回ってミーハーに落ち着く。俺の黄金パティーンである。どうやら三十代の背伸びアイテムにはトムフォードである。ボリュームのある黒縁に黄金のTマーク。そこはかとなく醸し出される大人の色気。ちなみに映画シングルマンは観てない。ワクワクすっぞ、オラ。

若干興ざめするのがセレブ・芸能人が使っているところなのだけど、トムフォード(グッチを再建した人ね)はダンディズムがウリなわりに、女の子が掛けてるのがなんだか可愛い。ローラが半端なく可愛い。あと平子理沙も似合ってた。Oh, エーサク、ビーサク、ヒラコリサ。いまトムフォードのメガネを掛けてる女の子が目の前にいたらすぐに好きになってしまうかもしれない。

それにしてもトムフォード、黒縁メガネが王道なのだけど、パンピーがかけると鼻メガネになることが発覚した。俺、かける。彼女「鼻メガネ」。俺、かける。彼女「鼻メガネ」。ちくしょう。結局、いちばん似合っていたべっ甲色のモデルと相成りました。

まぁ物というのは買うまでが楽しく、買った後はしばらくしたらどうでも良くなってしまうことがこれまで多かったのだけど、最近は遅ればせながら「愛おしいもの」で手元を固めることが出来るようになってきた。永く愛着が持てるものだけに絞って買うようになったことは少し成長した部分なのかもしれない。

昔から変わらず高いものも安いものも扱いは雑なのだけど、気を遣いすぎることと愛することはイコールではない。それなりの目配せと気遣いは必要なのだけど、無理な緊張感を必要としなく、そいつを見ると自然に目と口元がほころんでしまうような物。そういうものを購入して、愛していければ良いなと思っている。なんだ、ここまで書いて思ったけど恋人選びと一緒じゃねーかよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

たまにサポートをもらえると筆不精なので、書くモチベーションが出ます。妻となにか美味しいもの食べに行かせてもらいます。

6

ファーさん/ヨウ

恋愛の文章を書いたりしてます。書籍「でも恋」発売中。アラサー女子からモテたい男子まで手に取ってみてください。

日常で思ったこと(無料)

無料の記事を集めたマガジンになります。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

トムフォードぼくも持ってます♪ 良いですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。