見出し画像

「スキ」って言葉がそもそもどうのって話も絡んでくるけど。

「スキ」ってハードだ。

私はnoteのトップ画面から見知らぬかたのnoteを読みに伺うことがここ最近はめったにない。時間的な問題と、あまりに文章が洗練されているかたのnoteを読むと少なからず不安になるから。

私のような文章で大丈夫なのかな? と不安を感じ、書きにくくなる。

でも今日はなんとなく、新着コラムを上から順番に流してみた。

それで感じたことがそれ。

「スキ」ってハード。

もともとnoteでは「スキ」がつきにくいなってずっと思っていた。みんな思ってると思う。「スキ」をもらうハードルが高い。本当に「スキ」と感じなければ「スキ」を押さないようにしている人もたくさんいると思う。厳選された「スキ」というわけだ。

新着をずっと順番に見ていると「スキ」は0とか1とか4とか、一桁台が圧倒的に見られる。noteは裾野が広いから、noteデビューしてすぐの方が多いということもあると思う。

でもそれにしても「スキ」がつきにくいものなんだなって改めて思った。

せっかくなので頑張って数えてみた。目がくらくらしたけど、「スキ」を二桁もらっている文章の数を確認してみた。結果は6人。約170人の文章のうち6人だった。とても少ない。「0」もすごく多かった。

いつも私の文章を見にきてくれている方が押してくれる「スキ」って、本当に貴重なんだなって再確認した。いつもどうもありがとう。


私の「スキ」はフェイスブックの「いいね」に近い。

私は別に文章の批評家でも専門家でもないからそんなに慎重に「スキ」を選ぶ必要はない。

著名人はきっと「スキ」へのハードルは高いんだろうなって思う。自分の残した「スキ」に一般人より責任が大きそうだから。彼らがどの記事に「スキ」してるかってけっこうみんなに見られてると思う。

私は心が温まったり、応援したくなったり、何か感情を揺さぶられたりしたら「スキ」を押す。その文章から少しでも刺激を受ければそれは「スキ」につながる。noteの仲良しさんの文章はもうそれだけで「スキ」だし。

そもそも「スキ」という言葉がふさわしいかどうかについては、よく誰かがなんとかかんとか論じている。そういうのを見かけて、それは確かにそうだと思う。

「スキ」って表現はストレートすぎて、かえって押すのをためらう言葉でもあるね。

フェイスブックやツイッターの「いいね」のほうがよほど気楽だ。

「この作品、いいね」

「この文章、なんかいいね」

その作品や文章が好みじゃなくても「いいね」って思うこともある。自分とは考え方が違っても、そういう考えもあるんだって思って理解を示したくなる。こういうの書くって「いいね」って感じ。「スキ」より「いいね」。「いいね」って「スキ」より軽いよ。

だけど「スキ」を「いいね」の感覚で押してしまうことの危険性についてもちょっと考えちゃうな。

私が「スキ」をつけた記事が批判されていることに後から気付いたりすると、ちょっと動揺する。

私は私の基準でつけたんだし、知らない誰かが私の「スキ」をどう思うかとか関係ないんだと分かってはいるけど、私みたいな人間はやっぱりちょっとしたことが不安になるんだよね。

まだまだnoteに振り回されている私。


#エッセイ #スキ #いいね #note #文章 #魅力 #基準 #いいね #ツイッター #フェイスブック

「スキ」つながりの話ですが、私はチョコがすごくスキなんです。毎日スーパーのおやつ売り場につい足が向いてしまう。そしてチョコを眺めます。アーモンドチョコとかいちごチョコとか、じーっと見て迷うんです。買いたいなって。

でも袋で買ってしまうと、食べ過ぎるんだよね。

食べ過ぎるとかならずニキビができます。もうね、この歳だとニキビって言っちゃダメなんだって言われたことをついでに思い出します。「吹き出物」なんだってさ。どっちでもいいやんね?

でもニキビができるのはよくないので、チョコを袋で買うのは我慢するんです。

それでもどうしても我慢できないときはジャイアントカプリコにしています。1回食べたら終わりでしょ?

かならずイチゴ味ね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

銀行口座を登録する予定は今のところないため、サポートいただいたものはnoteに溜まっています。受け取りの期限があるのかと思っていたらいつまでも溜まっていくようです。いつかもしかしたら受け取らせていただくかもしれません。そんな状況でございます。

ありがとう!
39

椿-TSUBAKI

エッセイ・小説・詩など心に浮かんでくることを書いていますが、書きすぎかもね。でもどれかの文章があなたの心のどこかに響いてくれればうれしいです。noteで出会ったたくさんの優しい人たちに心助けられながら毎日noteをつづけています。新しく来てくれたあなたも私と仲良くしてくださいね。

「文章」に関するあれこれ

「文章」について考えた投稿に、たくさんのビューをいただいています。ここは文章を書く人が集まる場所だからなんでしょうね。私も自分の文章を悩みながら投稿し続けているので内容が振れ幅大きめですがまとめました。
2つ のマガジンに含まれています

コメント5件

優まさるさん
ほんとだー考えたことなかったです。
スキってカタカナですね。
ひらがなのほうが文字の温もりがあるんですよね。小説では漢字やカタカナより、ひらがなを少し意識しています。
ひらがなは優しい。「すき」ならまた少し押す人の気持ちも変わるのかもしれませんね^_^
いつもありがとう。
だって 椿ちゃんのnoteは 喜怒哀楽があるし 自分と重ねて考えられるから 読んでて楽しいもん!笑
それだけじゃ ダメですか 椿お嬢様?笑
ふゆほたるさん
わー、嬉しいこと言ってくれますね。
ふゆほたるさんはいつも嬉しいこと言ってくれますけど、今日も嬉しいです。
ニコニコ。
十分でございます。しかもお嬢様って言ってくれて、またニコニコ。。
いつも楽しい。どうもありがとう。。
いい夢見てね。。
見させてくれるのは 椿ちゃんでしょ?笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。