19.4.13 #01ブートキャンプ

昨年はインターンシップ生として参加させていただき、浅野先生のご厚意で今年も参加させて頂くこととなりました。
大感謝です!
昨年参加して理解が足りなかった事をもう一度理解できるように、また、参加する度に新しい発見や気付きがあればと思います。

発想法

今回特に印象に残ったことは、最悪トラベルから考える最高の旅行です。私たちのチームが頂いた最悪トラベルは"自由になりたい鳥"。

寓話からサービスを考えるのはかなり難しく感じ、鳥、鳥、鳥…という固定されたイメージから概念化することが困難でした。
しかし、「何かに縛られてるから自由になりたい」「人間に戻れないリスク」という気付きから、日常の縛られてるシーンを提案していき、新しいサービスを考えることができました。

今回の講義を挑むにあたって、昨年指摘された素人は足し算、玄人は引き算ブラックボックスを作らないを意識しましたが、少し足し算してるように思えました…

寓話から考えてみると、頭を柔らかくしてどんな背景があってそのような寓話になったのか考えることで概念化が出来ると知ることができました。
他にも様々なストーリーからあらゆる視点を持って概念化する力が必要だと感じました。

今回の学び
・言葉が通じないぐらいの人と組むことで視野を広げる
・誰でも考えれる提案はブラックボックスになりがち
・個別で技法を用いると、これはいつ使うの?となるため、通しの中で技法を用いて、こう使うんだと理解する。
・スキルは知識や技術だけではなく、判断能力も必要。

就活している側としてはスキルが欲しいと思っている学生が多いと思いますが、知識や技法を習得しても判断能力がなくては知識や技法を活かせない、スキルの意味がないことが今回わかりました。
この点を知った上で、立派なビジネスパーソンになりたいと思います。

また、今回は比較的満足のいく提案ができましたが、失敗、成功を繰り返して理解が出来るように次回も頑張りたいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。