ハヤブサ使い 第二話 笛付きサンダル

前回までのあらすじ

わたしは念願かなってハヤブサを手に入れたが、調教に不可欠なフード(目隠し用の頭巾)のサイズが合わないという事態に見舞われた。すっかり人嫌いになっていたこのハヤブサを鷹狩り用に調教することはできるのだろうか。

ハヤブサの突出した角膜に、解凍したヒヨコの死体を握りしめて床に這いつくばるわたしが映っている。今日こそハヤブサに餌を食べてもらわなければならない。数十キロ先の猛禽ショップから連れ帰ってまる2日、餌を一口も食べていないのだ。環境が変わった動物は餌を拒むことがあり、このハヤブサもその例外ではなかった。

この続きをみるには

この続き:1,155文字/画像1枚

ハヤブサ使い 第二話 笛付きサンダル

KT

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

KT

ハヤブサ使い

最速の肉食鳥、ハヤブサを調教して鷹狩をするドキュメンタリー。 全11話。 第一話無料公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。