見出し画像

「休職をただの現実逃避にしない」宣言

 長年の、働き方や生き方についてのいろいろな悩みごとが積み重なったところに、管理職とのトラブルが起きてしまい、それが引き金となって適応障害を発症してしまった私・・・数日前、休職手続のため、管理職へ電話をしました。

 色々なことが重なり自分に異変を感じたため心療内科を受診したら、適応障害で半年休職、の診断書が出たこと、

 直接職場に行って書類提出や面談は今しばらく難しいため、郵送で対応できたら、などというお話をさせていただきました。

 「わかりました」「事務担当などと相談して折り返す」と管理職。

 そして翌日、もう1人の管理職(今回の発症の決定打となった人物。限りなくパワハラだったと私は認識。他の職員にもパワハラ的な言動で度々職場をざわつかせているお方)から電話がかかってきました。

管理者:「大変驚いています、ところで原因って何?もしかして、私? あはは」

筆者:(正直にはい、とは言えず、でもいいえ、とも言えず) 「…色々です」

管理職:「何かあったら私の携帯にいつでも連絡してね。」

筆者:(余計に悪化するわ…と内心)「あ、、はい。」

このやり取りのほかにも「私が家に行こうか?会いに行っていい?」だの、ご主人にもお会いしたいだの、原因って話せないのか?だの何度も聞かれ。

 15分程度のやりとりで電話を終えましたが…電話を切り終えて、とても悲しく、残念な気持ちになりました。

 電話の感じは、明らかに、保身のために

「自分のせいではないことを、はっきり確認したくてしょうがない」

「部下を心配して、自ら電話をかけてきたし、相談してね、という声かけもした、という既成事実を作った」というにおいがプンプンでした。

 この方は、部下に対するパワハラ的な言動や態度に自覚と責任がない人なのか、、それとも、ただただ、悪意に満ち溢れてるのか、、もう意味がわかりませんでした。

 仮に、「自分のあの日の言動がちょっときつかったかな?」 という自覚があったら、「もしかして、あの時のこと・・・」と自分から切り出しませんか??自分の落ち度を絶対に認めたくないし、あなたのせいだ、と言われるのが怖いから切り出せないのでは?

 本当に、相手のことを尊重し大事に思える人間であれば、自分のパワハラ的な言動を棚にあげて「原因って何かな??職場の人間関係かな?私かな??」なんて聞いてこないんじゃ??・・・私の頭の中、不信感でいっぱい。

 ここで、きちんと話し合うべきかもしれないけれど、それができない。いつもなら、できたかもしれないけど、今、全くそれができなくて、自分じゃどうしようもないから、心療内科に行ったんだし。。

 あの会議の場面を思い出すと、フラッシュバックするかのように吐き気や動機、腹痛が襲う。涙もでる。

 あぁ、やっぱり、本来の自分じゃない。。今は、未だ嘗てじゃないほど気力が落ちてるんだな・・・と。勇気を出して休職して正解だったかも、と思います。

 ・・・とは言いつつ、「サボりなのかな」という罪悪感が頭をよぎることもあり、ほんと、揺れに揺れている、そんな状況です。。

 そんな揺れ揺れの状況の中で、少なからず確信したこと。

「体や心を壊しても、職場は助けてくれない」ということ。

「自分の心身は、自分で守らなくちゃいけない」ということ。

「かと言って休んで逃げただけじゃ何も解決しない」ということ。

 もう少し、揺れがおさまって冷静さが戻ってきたら、問題や自分自身に向き合い、考えていこう。それまで、少し、時間をいただいたのだと思って。。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしよろしければサポートお願いいたします!集まったお金は、筆者が地域で子育て支援活動を行う際の資金として使わせていただきます(食育講座、色彩心理学親子ワークショップ開催など)

ありがとうございます!
5

まるっとにこちゃん@こころのセルフケア実践手帖

5歳〜2歳の子育て真っ只中のお母ちゃんです。 十数年ほど教育系のお仕事してましたが 職場での人間関係によるストレスなど積み上がり適応障害を発症、現在休職中。調子の波がありますが、それも受け入れ、自分の本音ときちんと向きあうトレーニングをゆるり、ふわりと実践中。

適応障害とのおつきあい日記

適応障害をきっかけに、自分と、とことん向き合うことを決めました。日々の記録を綴っています。

コメント2件

はじめまして、こんにちは。「サボりなのかな」という罪悪感、わかります。私も適応障害で休職中なのですが、本当は病気ではなくサボりではないか?と思ってしまいます(汗)
「会社は守ってくれない」、本当その通りだと思います。お互い、焦らずゆっくり治していきましょうね。
はじめまして、ケロみとさん。
わたしからご挨拶に伺うべきところを…noteをまだまだ使いこなせておらず…😅

共感してくださり、とても心強いです。
いろいろな感情が行ったり来たり、
しかもそれに、かなり振り回されますよね。自分が自分でもよくわからない、というか。。
きっと、だからこそ休職という形で 整える時間を与えられてるんだ、と思うようにして、少しずつ取り戻していけたら、と思っています。
お互い、ゆっくり、行きましょうね(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。