見出し画像

ライフプランニングを作り人生充実させる方法


こんにちは、シフクです。

ライフプランはどうやって立てるべきでしょうか。

ライフイベントをお金の面から考えて人生を設計することになります。

そうすればいつにいくらくらいのお金が必要になるか、事前に把握できるようになります。

これにプラスして、人生設計表も合わせて作っておくとよいと思います。

自分の人生設計とそれに必要なライフプランは切っても切り離せません。

今回は人生設計とライフプラン、2つの視点で見ていき書いていきたいと思います。


目次
1.ライフプランニング表を作ってみましょう

1-1.家族と話してみる
1-2.できるだけ数値化する
1-3.修正する


2.これにプラス自身の目標を書き込んでみましょう。

2-1.やりたいことに期限をいれる
2-2.プライオリティーをつける
2-3.アクションプラン(行動計画)を作る


1.ライフプランニング表を作ってみましょう


1-1.家族と話してみる

家族がいる場合にはなるのですが、子供がいると年齢によって学費のかかる費用が変わってきます。両親の面倒を看るにあたっては、帰郷が必要かもしれないし、年齢を重ねていくにつれて、その時の収入やかかる費用も変わってきます。

その現実が差し迫ってからでは、対応が遅れてしまうこともしばしばなので、事前に家族と話し合い、計画を練ることがとても大事です。

うちの家族の場合だと、妻方両親の面倒をみないといけないので、2,3年後には帰郷しようと考えています。

あとは子供がいるときは、引っ越すと環境ががらりと変わります。できるだけ心的不安、ストレスを与えないようにするにも、ベストなタイミングを見計らって行動する必要があります。

そうすると、帰郷前に何をしなければいけないかが色々とでてきます。

そのタスクを事前につぶすことができれば、こころにも金銭的にも余裕を持って帰郷ができます。

事前に話、家族同意で方向性を決めていきましょう。


1-2.できるだけ数値化する

ライフプランを立てるときに、できるだけ数値化することが大切です。

生活するうえで問題になるのがお金です。移住先で働けるのか、収入はあるのか、家賃はどのくらいかかるかは、算出したほうがよいでしょう。

そうすることで、いくら必要で、いくら不足するかもしれないかが可視化されます。

現時点で足りなければ、十分に得られるためには何をすべきかを考えることができます。

あとは経過年齢を書き込むことで、リアルな想像をすることができます。


あと3年で長男も小学校卒業か

母親も来年には70歳。そろそろ高齢生活にはいるから心配になってきたな


というようなことを感じることによって

次のアクションが具体的に見えてきます。

数値化することで未来を予測していきましょう。



1-3.修正する

プランを入れて算出した時に、ここの計画が厳しいとか金額がマイナスになっているとか色々と改善しないといてない点が浮き彫りになってきます。

お金に関して主な改善点は2つしかなくて


収入を増やせばいいのか
支出を減らせばいいのか


このどちらかに内容は集約されていきます。

人間の年齢は止めることできないので、調整できるのは出入金のみなのです。


しっかりと今の現実を見据えて、次のアクションに移しましょう。



2.これにプラス自身の目標を書き込んでみましょう。



2-1.やりたいことに期限をいれる


ライフタイムプランを記入してお金の課題が見えてきたところで、実際に自分がやりたいこと、目標も記入しておきましょう。

プライベートな目標でもいいし、ブジネスプランでもいいと思います。

全部まとめてしまいましょう。

そうすると、一元管理されることになるので、見落としが減るのと、現実的なタスクに落としていくときに役立ちます。



2-2.プライオリティーをつける


一元管理できるようにすると、物事の優先順位がつけやすくなります。

1年単位で考えても物事の処理やスキルの取得には時間がかかります。どの目標を優先順位を高くするかを決めないといけません。

また、年齢を重ねるにつれてイベントもあるし、世話をしないといけないこともあります。家族のイベントの優先度を高くすれば、自身のプランを後ろ倒しにしないと時間が合わないこともあるでしょう。

その時間軸を見極めながら、優先順位を付けていきましょう。


2-3.アクションプラン(行動計画)を作る


優先順位までつくれたらあとは、具体的な行動プランに落とし込んでいくのみです。

この計画を作る時は、1週間単位くらいの短いスパンで目標設定していくと、達成しやすいし、未達成の時には修正をかけることもできます。

ライフプランも立ててるので、1つの目標達成スピードが遅れると、後ろも詰まっているのでどんどん遅れていってしまいます。

なので、うかつに遅れることできないプレッシャーも出てきます。

毎日の生活に緊張感も生まれて、そのプレッシャーがある意味後押ししてくれるのではないかと思います。



まとめ

以上になります、いろいろ書きました。


1.ライフプランニング表を作ってみましょう

1-1.家族と話してみる
1-2.できるだけ数値化する
1-3.修正する


2.これにプラス自身の目標を書き込んでみましょう。

2-1.やりたいことに期限をいれる
2-2.プライオリティーをつける
2-3.アクションプラン(行動計画)を作る


家族と自分のライフプランは一緒にたてましょう。
優先順位を立てて具体的行動に落としていきましょう。


ということになります。

これもビジネスとさほど行動内容は変わりませんが、やはり計画をたてて行動することの大切さを再認識しました。


プライベートなことは中々計画を立てない家庭も多いはず。


計画立てるだけでも、今後も行動も変わってくるのでまずは家族でわいわいと計画を立ててみましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

共感してもらってうれしいです!
2

シフク

ビジネスのことや、習慣や健康について。自分が体験していることをメモしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。